参加リポート/現場から

チームで不良低減に取り組み、グループ内8工場でトップに

投票する

「いいな」と思われたら押してください。

岩切正臣 住友ゴム工業・宮崎工場・製造第2課改善担当 〔第473回/2013年9月会期参加〕  NO.278

 タイヤ工場の品質担当として主に不良の低減に取り組んでいます。
 生産ラインで不良が発生すると、ラインを長く止めるわけにいかず、部下に急いで対処するよう指示していました。
 部下が「処置したはずの不具合が再発しました」と言ってくることがよくあり、「上辺しか見ていないからだ」と一喝していました。部下の対応が遅いと自分で処置を行い「真剣に考えていない」と叱っていました。いつもこのくり返しで、不具合の再発もなかなか減りませんでした。
 組革研に参加した初日、私は「S-20」で訳もわからないまま歩き回るだけでゴールできませんでした。しかしその後、個で調べチームの中でぶつけ合い仕組みが次第に明らかになりました。昼夜を問わずチーム全員で取り組んだことが強く印象に残りました
 職場に戻り、不具合の再発防止にチームで取り組ませることにしました。不良が発生すると、その状態を個で10件以上書いて貼り出し、持ち場の全員で議論するよう指示したのです。
 最初、部下たちは「原因はわかっているのに」「時間の無駄」と不満そうでした。しかし、何度かくり返すうちに書き出す枚数が増え、チーム全員で盛んに議論する姿が見られるようになってきました。
 先日、部下が「不具合の原因を摑み、みんなで役割分担して処置しました。結果良好ですが継続して確認します」と報告してきました。驚いたことに、いつの間にかチームで活動するようになっていたのです。みんなの動きが機敏になり、処置のスピードも上がってきたと感じています。
 不良率は大きく改善しグループ内8工場の中でトップになりました。さらなる改善に職場全体で取り組んでいきます。

脱・「三逆リーダー」
新着 記事・お知らせ
  • 2020.09.18        

    間違っていなかった

  • 2020.09.15        

    新人の頃のがむしゃらさを再び…...

  • 2020.09.11        

    どうにも手強い自分がいます
    ――部下を仕事の主人公に(後編)...

  • 2020.09.08        

    主体性を奪っていた
    ――部下を仕事の主人公に(前編)...

  • 2020.09.04        

    危険箇所を「絵」で書き出させると……...

  • 研究会へのお申込み
  • デイリーメール 登録・変更
  • 組革研スケデュール
  • 組革研アーカイブ
パンフレット・発行物のご案内
  • 脱「三逆リーダー」

    藤田 英夫 (著) 発行:ダイヤモンド社 発売:ダイヤモンド社


  • 「個全システム」によるミーティング革新

    藤田 英夫 (著) 発行:ダイヤモンド社 発売:ダイヤモンド社


  • 不感症体質に挑む「人間力」全員経営

    藤田 英夫 (編) 発行:シンポジオン 発売:創英社/三省堂書店


  • 経営の創造

    藤田 英夫 (編) 発行:シンポジオン 発売:創英社/三省堂書店


  • 第3の組織論

    小林 茂 (著) 発行:シンポジオン 発売:創英社/三省堂書店


  • 人間力をフリーズさせているものの正体

    藤田 英夫 (著) 発行:シンポジオン 発売:創英社/三省堂書店


  • 人間力―そこにどう火を点けるか

    藤田 英夫 (著) NTT出版


  • 人を人として―指示待ち人間を目覚めさせるもの

    藤田 英夫 (著) PHP研究所


  • 「状況」が人を動かす―管理からリードへ

    藤田 英夫 (著) 毎日新聞社


ページの先頭へ

組織革新研究会について

組織革新研究会の5日間