参加リポート/現場から

一人ひとりじっくり考えてからの議論で内容が深まる

投票する

「いいな」と思われたら押してください。

千田智文 住友ゴム工業・白河工場・人事課 〔第473回/2013年9月会期参加〕  NO.260

 組革研では、議論する前にまず個で考えて紙に書くように強く言われ、理由がわからず困惑しました。しかし実際にやってみると、個でじっくり考えてから議論することでその内容が深まるのを実感できました。
 私は工場作業員の研修を担当しています。主に入社10年までの若手・中堅を対象として、リーダーの育成を目的に行っています。
 研修は20名程度で行いますが、毎回必ずと言っていいほどグループ討議などで発言をしない研修生がいます。リーダーを目指す人たちなのでその姿勢を何とか変えたいと思い、質問を投げかけたり、意見を補足して発言を引き出すようにしていました。
 ただ、そうやってもなかなか研修生から発言するようにはならず、どうすれば良いか悩んでいました。
 組革研後、発言の少ない研修生に理由をたずねてみました。すると「うまく考えをまとめられない」「他の人に先に言われてしまう」などの答が返ってきて、考える間もなくすぐに議論させるというこれまでのやりかたも一因であったことがわかりました。
 組革研での体験を踏まえ、まずは個で考えをまとめて紙に書かせるようにし、なかなか書けない人がいても終わるまで待ちました。それをもとにグループ討議をさせたところ、まず一人ひとりの発言回数が増え、受け身だった人も徐々に意見を出すようになりました。内容も、以前はありきたりの一般論が多かったのですが、自分の職場に置き換えて今後の行動にまで言及するものになり、議論の中身が濃くなりました。
 受け身だった研修生も発言するうちに自信がついてきたのか、声を出してグループをまとめる姿が見られるようになっています。

脱・「三逆リーダー」
新着 記事・お知らせ
  • 2020.11.27        

    自分がやっていては部下のためにならない...

  • 2020.11.24        

    他人事で済まない空気に…

  • 2020.11.20        

    あきらめに近いものを感じながら、でも……...

  • 2020.11.17        

    他人事にさせていた

  • 2020.11.13        

    それでも以前とは大違い

  • 研究会へのお申込み
  • デイリーメール 登録・変更
  • 組革研スケデュール
  • 組革研アーカイブ
パンフレット・発行物のご案内
  • 脱「三逆リーダー」

    藤田 英夫 (著) 発行:ダイヤモンド社 発売:ダイヤモンド社


  • 「個全システム」によるミーティング革新

    藤田 英夫 (著) 発行:ダイヤモンド社 発売:ダイヤモンド社


  • 不感症体質に挑む「人間力」全員経営

    藤田 英夫 (編) 発行:シンポジオン 発売:創英社/三省堂書店


  • 経営の創造

    藤田 英夫 (編) 発行:シンポジオン 発売:創英社/三省堂書店


  • 第3の組織論

    小林 茂 (著) 発行:シンポジオン 発売:創英社/三省堂書店


  • 人間力をフリーズさせているものの正体

    藤田 英夫 (著) 発行:シンポジオン 発売:創英社/三省堂書店


  • 人間力―そこにどう火を点けるか

    藤田 英夫 (著) NTT出版


  • 人を人として―指示待ち人間を目覚めさせるもの

    藤田 英夫 (著) PHP研究所


  • 「状況」が人を動かす―管理からリードへ

    藤田 英夫 (著) 毎日新聞社


ページの先頭へ

組織革新研究会について

組織革新研究会の5日間