参加リポート/現場から

ロボット症の自分が部下までロボット症にしていた

投票する

「いいな」と思われたら押してください。

吉村明展 オムロンフィールドエンジニアリング・リーダー 〔第471回/2013年5月会期参加〕  NO.210

 吉村写真.png最初の「S-20」では何もかも全くわからず迷いに迷い、ゴールできませんでした。「調査」が始まってもリーダーは何もアドバイスをくれず、不満に思いました。少しは教えてくれてもと人に頼ろうとしていました。その後、キャンパスリーダーの「ロボット症」の話を聞いて、まさに自分のことだと愕然としたのです。
 職場では機器メーカーが納入した製品の保守をしています。問題が発生すると上司の指示で動くことがほとんどでした。言われたことはしっかりやっても、それ以上に考えることはありませんでした。
 組革研から戻り、自ら考えて動かなければと思いました。現場から機器の問題が報告された時のことです。ある特定部位の障害が多発し頻繁に部品交換しなくてはいけないというのです。
 上司の指示を待つのではなく、こうしたいと相談してみました。その結果、私が事業部に出向き機器メーカーに品質改善を働きかけるよう交渉することになったのです。
 その後も自分で考えるようにしていますが、判断に迷ったり誤った行動をしてしまうことがあり、勉強不足を痛感しています。
 部下に対しても書類作成でこまごまと指示していたのを止め、自分で考えさせるようにしました。初めは「冷たいですね」と言われましたが、ある日「私はこう思うのですが」と相談が来るようになり、結果、予想以上のアウトプットが出てきました。これには驚いて、私自身もロボット症を作り出していたのだと痛感させられました。
 自分も部下もロボット症から抜け出せるよう、「自ら考え行動する」を続けていきます。

脱・「三逆リーダー」
新着 記事・お知らせ
  • 2020.07.10        

    やっと少し変わってきた
    ――今度こそやり抜く(後編)...

  • 2020.07.07        

    自分の弱さと職場で向き合う
    ――今度こそやり抜く(前編)...

  • 2020.07.04        

    満足して終わる日はなくなった...

  • 2020.06.30        

    トライ&エラーをくり返していく...

  • 2020.06.26        

    危機感の無さと闘っていく

  • 研究会へのお申込み
  • デイリーメール 登録・変更
  • 組革研スケデュール
  • 組革研アーカイブ
パンフレット・発行物のご案内
  • 脱「三逆リーダー」

    藤田 英夫 (著) 発行:ダイヤモンド社 発売:ダイヤモンド社


  • 「個全システム」によるミーティング革新

    藤田 英夫 (著) 発行:ダイヤモンド社 発売:ダイヤモンド社


  • 不感症体質に挑む「人間力」全員経営

    藤田 英夫 (編) 発行:シンポジオン 発売:創英社/三省堂書店


  • 経営の創造

    藤田 英夫 (編) 発行:シンポジオン 発売:創英社/三省堂書店


  • 第3の組織論

    小林 茂 (著) 発行:シンポジオン 発売:創英社/三省堂書店


  • 人間力をフリーズさせているものの正体

    藤田 英夫 (著) 発行:シンポジオン 発売:創英社/三省堂書店


  • 人間力―そこにどう火を点けるか

    藤田 英夫 (著) NTT出版


  • 人を人として―指示待ち人間を目覚めさせるもの

    藤田 英夫 (著) PHP研究所


  • 「状況」が人を動かす―管理からリードへ

    藤田 英夫 (著) 毎日新聞社


ページの先頭へ

組織革新研究会について

組織革新研究会の5日間