参加リポート/現場から

彼らを主役に、と始めたものの
――今まで目を背けていた自分の世話焼き体質・前編(全2回)

投票する

「いいな」と思われたら押してください。

森下 務 50歳 三井E&Sマシナリー テクノサービス事業部 運搬機サービス部長 〔第512回/2018年6月会期「リーダー参加」〕  NO.1715

 4年まえに突如、現職への異動を命ぜられました。
 これまで20年間営業一筋にやってきました。その間、実績も上げてきたという自負だってあります。青天の霹靂とはまさにこのこと。しかも異動先は、かつては傍流と言われ続けていたアフターサービス部門です。
 「何で俺が?」という思いでした。と同時に、これまでまったく経験していない新たな業務への不安が過ぎりました。
 しかし、コンテナクレーンの売上げが頭打ちになっている状況の中、アフターサービス部門は、受注売上・利益ともに我が社の大きな収益源になりつつありました。よし、俺が頑張ってこの部門にいる彼らを主役にしてやる。私はすぐ、前向きに考え直しました。
 ところが、シビアな現実を突き付けられたのです。明らかな人員不足。職場を見渡すと、メンバーたちは日々の仕事に追われているだけで全体を見ようとしていない。自分の仕事さえこなせばいいという雰囲気が職場全体を覆っていました。
 それでも私は、一人ひとりがもっと高みを目指す思いさえあれば、限られた人数でも業績は伸ばせるはずと考えていました。
 仕事量をよりアップするために彼らの意識を変えていこうと、さっそくメンバーたちへのヒアリングを始めました。ところが何度重ねても、「現状の技術体制と人員ではこれ以上は無理」という返事です。この分野では知識も経験も無いことが私も負い目になり、彼らにそう言われてしまえば返す言葉が見つかりません。にっちもさっちもいかなくなりました。
 ずっと悩み続けましたが解決策は何一つ思い浮かばない。彼らを主役に、と始めたものの、その思いも自信も揺らぎ始めました。(明日に続く)

脱・「三逆リーダー」
新着 記事・お知らせ
  • 2020.03.31        

    自分の枠を超えて

  • 2020.03.30        

    「対象」に貢献するため変え続ける...

  • 2020.03.27        

    任せたら気になってしかたがない...

  • 2020.03.26        

    「個全システム」の凄さを実感している...

  • 2020.03.25        

    手順よりも、自分事として受け止めたかが大事
    ――部下の力を信じる・後編(...

  • 研究会へのお申込み
  • デイリーメール 登録・変更
  • 組革研スケデュール
  • 組革研アーカイブ
パンフレット・発行物のご案内
  • 脱「三逆リーダー」

    藤田 英夫 (著) 発行:ダイヤモンド社 発売:ダイヤモンド社


  • 「個全システム」によるミーティング革新

    藤田 英夫 (著) 発行:ダイヤモンド社 発売:ダイヤモンド社


  • 不感症体質に挑む「人間力」全員経営

    藤田 英夫 (編) 発行:シンポジオン 発売:創英社/三省堂書店


  • 経営の創造

    藤田 英夫 (編) 発行:シンポジオン 発売:創英社/三省堂書店


  • 第3の組織論

    小林 茂 (著) 発行:シンポジオン 発売:創英社/三省堂書店


  • 人間力をフリーズさせているものの正体

    藤田 英夫 (著) 発行:シンポジオン 発売:創英社/三省堂書店


  • 人間力―そこにどう火を点けるか

    藤田 英夫 (著) NTT出版


  • 人を人として―指示待ち人間を目覚めさせるもの

    藤田 英夫 (著) PHP研究所


  • 「状況」が人を動かす―管理からリードへ

    藤田 英夫 (著) 毎日新聞社


ページの先頭へ