参加リポート/現場から

宣言した内容の完遂にこだわるようになった

投票する

「いいな」と思われたら押してください。

小田原 徹  住友ゴム工業 宮崎工場 生産技術課 課長代理  〔第514回/2018年9月会期参加〕  NO.1447

1447odawaraHP.jpg  部下たちが昨日の結果を報告し、当日行う作業内容とすすめかたを私が指示する。 長年くり返されていた朝礼を組革研後に変えました。 メンバー全員に 「今日は何をするのか」 「どんなスケジュールですすめるのか」と尋ね、彼らに答えさせるようにしたのです。
  新たに始まる取組みについても、今までは先に私が考えてから 「こうして」と指示していたやりかたを止め、「どうしたらよいと思う?」と問いかけることから始めました。
  変えようと思ったのは組革研の上期S-20の惨敗後、リーダーから 「これからどうするのか」と迫られた体験がきっかけでした。 突き放されればされるほど、頼れるのは自分しかいないという思いが強くなってきたのです。 その時を境に、真剣に取り組むと強く意識するようになりました。 下期でゴールできたことよりも、とことん自分の頭で考えきれたと思えたことのほうが嬉しく、心に残っています。
  でも、突然言われた部下たちは困惑した顔を浮かべていました。 突き放すような態度を取る私に不満気でした。 それには構わず、毎朝続けました。 2週間くらい経ってからようやく、たどたどしくも予め考えてきた「今日どこまでやるか」を部下たちが宣言するようになりました。
  私が感じた彼らの変化はその先でした。 言いっ放しでは済まないと彼らは感じたのか、宣言した内容の完遂にこだわるようになったのです。 私から言われて間に合わせようとしていた以前とは真反対、本人が焦り、急ぐ。ちょっとした動きが早くなったと感じています。
  でもまだ質問されるから考えているのかもしれません。 自走するような、さらに上の段階を目指すにはどうすべきか、必死に考えたいと思います。

脱・「三逆リーダー」
新着 記事・お知らせ
  • 2020.10.27        

    「まだまだ減らせるぞ」

  • 2020.10.23        

    指示出し魔に戻っていた

  • 2020.10.20        

    「苦手」が「興味」に

  • 2020.10.16        

    お客様にとってどうかを「評価基準」に...

  • 2020.10.13        

    残業0でどうやるか

  • 研究会へのお申込み
  • デイリーメール 登録・変更
  • 組革研スケデュール
  • 組革研アーカイブ
パンフレット・発行物のご案内
  • 脱「三逆リーダー」

    藤田 英夫 (著) 発行:ダイヤモンド社 発売:ダイヤモンド社


  • 「個全システム」によるミーティング革新

    藤田 英夫 (著) 発行:ダイヤモンド社 発売:ダイヤモンド社


  • 不感症体質に挑む「人間力」全員経営

    藤田 英夫 (編) 発行:シンポジオン 発売:創英社/三省堂書店


  • 経営の創造

    藤田 英夫 (編) 発行:シンポジオン 発売:創英社/三省堂書店


  • 第3の組織論

    小林 茂 (著) 発行:シンポジオン 発売:創英社/三省堂書店


  • 人間力をフリーズさせているものの正体

    藤田 英夫 (著) 発行:シンポジオン 発売:創英社/三省堂書店


  • 人間力―そこにどう火を点けるか

    藤田 英夫 (著) NTT出版


  • 人を人として―指示待ち人間を目覚めさせるもの

    藤田 英夫 (著) PHP研究所


  • 「状況」が人を動かす―管理からリードへ

    藤田 英夫 (著) 毎日新聞社


ページの先頭へ

組織革新研究会について

組織革新研究会の5日間