参加リポート/現場から

逃げずに正面から向き合う

投票する

「いいな」と思われたら押してください。

大段雅則  ジャパンマリンユナイテッド㈱ 呉設計部 CAD情報チーム長  〔第399回/2005年8月会期参加〕  NO.1328

  現在、新たなプロジェクトに取り組んでいる真っ最中です。 その中には3つの重要な工程があり、それぞれにメンバーをキーマンとして任命し、担当する中では本人の責任で実行できる権限を与え、任せました。
  このプロジェクトについて私が理解しているのは概略だけ、手出ししたくてもできません。 メンバーは各自で考え、結果を出そうと動くようになっていますが、私が積極的に入ってこないことや一緒に手を動かさないことに不満を感じていた人も、中にはいたかもしれません。
  それでも彼らは自分たちで調べ、動作の検証やわからないことをキーマンどうしで話し合っていきました。 その後、メーカーや他の事業部の有識者への調査に移り、それも済ませた段階です。 途上で失敗も重ねましたが、何とか彼らの力で形になりつつあります。 ここまできたのは、自分の役割が何かはもちろん、自分がやらないと先にすすまないと一人ひとりの業務に対する姿勢が変わってきているからだと思っています。
  とは言え、悩みは尽きません。 とくに最近感じているのは、キーマンどうしで相談や連携をしていても、自分の管轄外と思うと線を引いてしまうことです。 工程ごとの分業が理由だろうか? 担当範囲をここまでと自分で決めつけても、実はその外にも責任範囲があるかもしれない。 そこに考えが至らないのはなぜかと悩みました。 そして今では、もしかしたら私自身が放任になっていたからではないかと思っています。
  プロジェクトも中盤、次は現場でこれまでの自分たちの成果が形となって現れます。 前回、「わからないことをそのままにしてしまう職場の弱さ」とご報告しました。 今後、必ず不具合に直面していきます。 その時に彼らが自分事として捉えるよう、私は逃げずに彼らと正面から向き合っていきます。

脱・「三逆リーダー」
新着 記事・お知らせ
  • 2019.07.04        

    なんとかして打開策をみつけなければ...

  • 2019.07.03        

    わからないことを自分の力で明らかにしていく...

  • 2019.07.02        

    自ら現場へ足を運ぶようになってきた...

  • 2019.07.01        

    どうしたら彼らがもっと力を発揮できるのか...

  • 2019.06.28        

    「一覧一望」を習慣づけるようにしている...

  • 研究会へのお申込み
  • デイリーメール 登録・変更
  • 組革研スケデュール
  • 組革研アーカイブ
パンフレット・発行物のご案内
  • 脱「三逆リーダー」

    藤田 英夫 (著) 発行:ダイヤモンド社 発売:ダイヤモンド社


  • 「個全システム」によるミーティング革新

    藤田 英夫 (著) 発行:ダイヤモンド社 発売:ダイヤモンド社


  • 不感症体質に挑む「人間力」全員経営

    藤田 英夫 (編) 発行:シンポジオン 発売:創英社/三省堂書店


  • 経営の創造

    藤田 英夫 (編) 発行:シンポジオン 発売:創英社/三省堂書店


  • 第3の組織論

    小林 茂 (著) 発行:シンポジオン 発売:創英社/三省堂書店


  • 人間力をフリーズさせているものの正体

    藤田 英夫 (著) 発行:シンポジオン 発売:創英社/三省堂書店


  • 人間力―そこにどう火を点けるか

    藤田 英夫 (著) NTT出版


  • 人を人として―指示待ち人間を目覚めさせるもの

    藤田 英夫 (著) PHP研究所


  • 「状況」が人を動かす―管理からリードへ

    藤田 英夫 (著) 毎日新聞社


ページの先頭へ

組織革新研究会について

組織革新研究会の5日間