参加リポート/現場から

「苦労を共にする」が解決のヒント

投票する

「いいな」と思われたら押してください。

竹田茂弘  三菱重工業 パワードメイン 品質マネジメント部 次長  〔第503回/2017年5月会期参加〕  NO.1288

  入社後私は、H2Aロケットの発射設備の開発設計に携わりました。 無事発射を成功させるまで、さまざまな技術の検討が必要でした。
  しかし経験の乏しかった当時の私は、仕事を一つ終わらせるだけでもかなり時間を要しました。 多くのアイディアを考え、最適と思われる答えにたどり着こうとすると深夜までかかってしまうこともありました。
  苦痛を感じたこともありましたが、やり切った達成感を得られ、自分自身のスキルアップにも繋がっていくと実感できたのです。
  自分が管理者になってからは、部下が成長するためにも仕事の壁にぶつかり、とことん悩み、そこから自分で何かを掴んでいってほしいと願っています。
  しかし実際にはそうはできていない。 作業効率化の追求や残業時間の制約があり求め切れていないのが現状です。 どうすればもっと高い次元でやり切った達成感を彼らが感じられるのか、悩んでいた中での組革研参加でした。
  その中で自分自身が目標を設定し、その数字をやり切るまで挑んだ末に味わった達成感。 新鮮でかつ懐かしく感じられました。
  現在、本社でパワードメインに所属する各事業の品質保証担当と共に課題をすすめている私は、部下に対してと同様、彼らの力をもっと引き出せないか、高い目標設定ができないかに悩んでいました。 彼らは私の直接の部下ではありません。 この状況の中、どうすればもっとと求められるのか。
  「強い組織をつくるには苦労を共にすること」とお聞きした言葉が、解決のヒントになると思っています。 実は以前は私も彼らと同じ立場にいました。 本社からの依頼を指示のように受け止めていたこともありました。 自分自身が上からの意識を持たず、部下ではない彼らと目標に向かって苦労を共にしていく、今まで以上に自分が踏み出していかなければと思っています。

脱・「三逆リーダー」
新着 記事・お知らせ
  • 2019.12.13        

    やりかたから自分達で考えさせた...

  • 2019.12.12        

    自分で体験することが大事だ

  • 2019.12.11        

    自分を変える事で、その先が見えてくるはず...

  • 2019.12.10        

    自分は正しいと思い込んでいた...

  • 2019.12.09        

    私が部下の邪魔をしていた

  • 研究会へのお申込み
  • デイリーメール 登録・変更
  • 組革研スケデュール
  • 組革研アーカイブ
パンフレット・発行物のご案内
  • 脱「三逆リーダー」

    藤田 英夫 (著) 発行:ダイヤモンド社 発売:ダイヤモンド社


  • 「個全システム」によるミーティング革新

    藤田 英夫 (著) 発行:ダイヤモンド社 発売:ダイヤモンド社


  • 不感症体質に挑む「人間力」全員経営

    藤田 英夫 (編) 発行:シンポジオン 発売:創英社/三省堂書店


  • 経営の創造

    藤田 英夫 (編) 発行:シンポジオン 発売:創英社/三省堂書店


  • 第3の組織論

    小林 茂 (著) 発行:シンポジオン 発売:創英社/三省堂書店


  • 人間力をフリーズさせているものの正体

    藤田 英夫 (著) 発行:シンポジオン 発売:創英社/三省堂書店


  • 人間力―そこにどう火を点けるか

    藤田 英夫 (著) NTT出版


  • 人を人として―指示待ち人間を目覚めさせるもの

    藤田 英夫 (著) PHP研究所


  • 「状況」が人を動かす―管理からリードへ

    藤田 英夫 (著) 毎日新聞社


ページの先頭へ

組織革新研究会について

組織革新研究会の5日間