参加リポート/現場から

今まで以上に腹を括って向かっていかなければ

投票する

「いいな」と思われたら押してください。

加地宏次  共英産業 招提工場 工場長代理  〔第499回/2016年10月会期参加〕  NO.1259

  私が受け持つ製造現場ではいくつもの問題を抱えていました。 最も強く感じていたのはバラバラ感。 班どうしの意思疎通がないのです。 工程はいくつかの請負会社が班に分かれてすすめています。 それぞれの班長は経験的な裏付けをもとに信念を持ってすすめてくれていますが、周りに意見を求めず、他の班と関わろうとしません。
  その好ましくない状態が露わになるのがトラブルやミスが起きた時でした。 周囲の状況や他の責任にしてしまい、指摘されても自分のことだと思わない。 そういう場面が何回もくり返されていました。
  しかし、それは彼らをマネジメントする私自身の問題だということが組革研でわかりました。 私自身も 「S-20」の仕組みを捉える途中で、 「対象」をしっかり調べようとせず、自分の見たいように見て感覚で仕組みを捉えようとしていたのです。 自分の体質に気がついた瞬間、職場で感じていた問題が見えてきました。
  職場に戻ってから、どうしたら班どうしが結びつき横どうしで機能していくかを考えました。 そして思い込みや感覚ですすめることを止め、きちんと状況を調べて 「対象」に迫ることに向かっていくしかないと思いました。
  並行して、各班長がそれぞれの状況報告や他に伝えるべきことを話し合う場も設けました。 必ず発言することを彼らに求めています。
  しばらくすると、班長の一人が作業状況やこれからの予定を具体的に話してくれるようになりました。 他の班との繋がりを意識して話していることがわかり、変わってきたことが実感できました。
  しかし他の人は変わってきているとは思えず、職場が一つにまとまってきた感触もまだ得られていません。 自分が今まで以上に腹を括って彼らに向かっていかなければと思っています。

脱・「三逆リーダー」
新着 記事・お知らせ
  • 2019.12.11        

    自分を変える事で、その先が見えてくるはず...

  • 2019.12.10        

    自分は正しいと思い込んでいた...

  • 2019.12.09        

    私が部下の邪魔をしていた

  • 2019.12.06        

    前提が変わろうが、決めたことは必ずやる...

  • 2019.12.05        

    逃げ出したい、でも「とにかくやってみよう」...

  • 研究会へのお申込み
  • デイリーメール 登録・変更
  • 組革研スケデュール
  • 組革研アーカイブ
パンフレット・発行物のご案内
  • 脱「三逆リーダー」

    藤田 英夫 (著) 発行:ダイヤモンド社 発売:ダイヤモンド社


  • 「個全システム」によるミーティング革新

    藤田 英夫 (著) 発行:ダイヤモンド社 発売:ダイヤモンド社


  • 不感症体質に挑む「人間力」全員経営

    藤田 英夫 (編) 発行:シンポジオン 発売:創英社/三省堂書店


  • 経営の創造

    藤田 英夫 (編) 発行:シンポジオン 発売:創英社/三省堂書店


  • 第3の組織論

    小林 茂 (著) 発行:シンポジオン 発売:創英社/三省堂書店


  • 人間力をフリーズさせているものの正体

    藤田 英夫 (著) 発行:シンポジオン 発売:創英社/三省堂書店


  • 人間力―そこにどう火を点けるか

    藤田 英夫 (著) NTT出版


  • 人を人として―指示待ち人間を目覚めさせるもの

    藤田 英夫 (著) PHP研究所


  • 「状況」が人を動かす―管理からリードへ

    藤田 英夫 (著) 毎日新聞社


ページの先頭へ

組織革新研究会について

組織革新研究会の5日間