参加リポート/現場から

もっと目標を高くして部下に立ち向かわなければ

投票する

「いいな」と思われたら押してください。

中本尊元  マツダ 車両実研部 アシスタントマネージャー  〔第506回/2017年9月会期参加〕  NO.1212

  防錆塗装の新技術開発を担当しています。 これまで背反していた車の魅力となる色合いと防錆を両立させる新技術の実現がミッションです。 この課題に取り組みはじめて二年が過ぎた頃、組革研に参加しました。
  組革研で 「ロボット症」のお話をうかがった瞬間、職場の自分の姿が甦りました。 そして自分が 「ロボット症」づくりをしていたと気づいたのです。 それまで私は部下に細かく指示を出し、自分の思いどおりに動かそうとしていました。 教えてもできない部下に腹立たしさも感じていました。
  それが、逆に自分の思い描く職場の理想の姿から遠ざけていたと思い至って愕然としました。 最終日に 「我われの体質」を 「自分本位」と結論づけた瞬間、職場に戻ってから自分のなすべきことが確信できました。
  職場に戻った私はまず、 「部下への細かな指示を止める」を実行しはじめました。 同時に、部下に最も力を発揮させるためにはどうしたらよいかを考えました。 やはり、問題に直面させることだと思いました。
  指示を私が止めた途端、部下は戸惑いました。 「さあ、この問題を解決してほしい」と言って終りだったからです。 キョトンとした目を見た時には、思わず笑ってしまいました。
  でも2週間くらいすると、彼は自分で問題解決の案を考えてきました。 しかも私が思いつかないようなものでした。 驚きましたが次の瞬間、 「もっとできる」と思えました。 その場で了承せずに 「違う角度からもう一度」と言って再び彼に考えさせました。
  部下にはもっと力があると教えられました。 その力をさらに引き出していくためには、リーダーの私が以前よりうまくいったという小さな結果に満足せず、もっと目標を高くして彼らと立ち向かわなければと思っています。

脱・「三逆リーダー」
新着 記事・お知らせ
  • 2019.12.11        

    自分を変える事で、その先が見えてくるはず...

  • 2019.12.10        

    自分は正しいと思い込んでいた...

  • 2019.12.09        

    私が部下の邪魔をしていた

  • 2019.12.06        

    前提が変わろうが、決めたことは必ずやる...

  • 2019.12.05        

    逃げ出したい、でも「とにかくやってみよう」...

  • 研究会へのお申込み
  • デイリーメール 登録・変更
  • 組革研スケデュール
  • 組革研アーカイブ
パンフレット・発行物のご案内
  • 脱「三逆リーダー」

    藤田 英夫 (著) 発行:ダイヤモンド社 発売:ダイヤモンド社


  • 「個全システム」によるミーティング革新

    藤田 英夫 (著) 発行:ダイヤモンド社 発売:ダイヤモンド社


  • 不感症体質に挑む「人間力」全員経営

    藤田 英夫 (編) 発行:シンポジオン 発売:創英社/三省堂書店


  • 経営の創造

    藤田 英夫 (編) 発行:シンポジオン 発売:創英社/三省堂書店


  • 第3の組織論

    小林 茂 (著) 発行:シンポジオン 発売:創英社/三省堂書店


  • 人間力をフリーズさせているものの正体

    藤田 英夫 (著) 発行:シンポジオン 発売:創英社/三省堂書店


  • 人間力―そこにどう火を点けるか

    藤田 英夫 (著) NTT出版


  • 人を人として―指示待ち人間を目覚めさせるもの

    藤田 英夫 (著) PHP研究所


  • 「状況」が人を動かす―管理からリードへ

    藤田 英夫 (著) 毎日新聞社


ページの先頭へ

組織革新研究会について

組織革新研究会の5日間