参加リポート/現場から

口を閉ざすことをとても不安に感じている

投票する

「いいな」と思われたら押してください。

前田博章  富士フイルム静岡 X-ray材料生産部 係長  〔第506回/2017年9月会期参加〕  NO.1205

1205maedaHP.jpg  組革研に参加し、何とかなるだろうと思って取り組んだ 「S-20」で、私は 「対象」を捉え切れず非常に悔しい思いを喫しました。 「対象」に迫ることがいかに重要か痛感しました。
  また 「人・仕事関係」のお話しを聞いて自分が 「3逆リーダー」であると気づかされ、今までの仕事や部下への向き合いかた、自分自身の有り様に疑問を感じたのです。 私の職場では、大きなトラブルが起こるとまず対策。 それ以降の本格的な原因究明も完全ではありません。 組革研を終えた今ふり返ると、いつも真因には辿り着いておらず、その場限りだったと思います。
  私自身もそれが正しいと思い、メンバーに対策を指示していたし、メンバーはみんな抵抗なくそれを受け止め、同じ生産業務を続ける毎日でした。 私から出される課題にも消極的で、いつも遅いと感じていました。 間に合わないと感じると彼らを助け、時には私自身が解決することもありました。 しかし、彼らのその姿は自分がそうさせていたのです。
  「自分で動く人に終わりはない」というキャンパスリーダーのお話しを聞いて、今後は、自分を変えていくことを決心しました。
  組革研後にトラブルが発生すると、あえて 「対象」 「手抜き」の二つを言葉にしてメンバーと議論するようにし、時には組革研で自分自身が体験したように、現場の状況を紙に書き貼り出してからミーティングをしています。
  少しずつ、職場では 「対象」の言葉が増えてきましたが、大きな変化はまだ現われていません。 できるだけ私は口を閉ざすよう努力していますが、うるさかった奴が静かになったと思っているだけでは? と、内心はとても不安に感じています。 それでも自分が変わり、もっと変わらなければいけないと意識していくために、踏ん張って続けていこうと思っています。

脱・「三逆リーダー」
新着 記事・お知らせ
  • 2019.12.13        

    やりかたから自分達で考えさせた...

  • 2019.12.12        

    自分で体験することが大事だ

  • 2019.12.11        

    自分を変える事で、その先が見えてくるはず...

  • 2019.12.10        

    自分は正しいと思い込んでいた...

  • 2019.12.09        

    私が部下の邪魔をしていた

  • 研究会へのお申込み
  • デイリーメール 登録・変更
  • 組革研スケデュール
  • 組革研アーカイブ
パンフレット・発行物のご案内
  • 脱「三逆リーダー」

    藤田 英夫 (著) 発行:ダイヤモンド社 発売:ダイヤモンド社


  • 「個全システム」によるミーティング革新

    藤田 英夫 (著) 発行:ダイヤモンド社 発売:ダイヤモンド社


  • 不感症体質に挑む「人間力」全員経営

    藤田 英夫 (編) 発行:シンポジオン 発売:創英社/三省堂書店


  • 経営の創造

    藤田 英夫 (編) 発行:シンポジオン 発売:創英社/三省堂書店


  • 第3の組織論

    小林 茂 (著) 発行:シンポジオン 発売:創英社/三省堂書店


  • 人間力をフリーズさせているものの正体

    藤田 英夫 (著) 発行:シンポジオン 発売:創英社/三省堂書店


  • 人間力―そこにどう火を点けるか

    藤田 英夫 (著) NTT出版


  • 人を人として―指示待ち人間を目覚めさせるもの

    藤田 英夫 (著) PHP研究所


  • 「状況」が人を動かす―管理からリードへ

    藤田 英夫 (著) 毎日新聞社


ページの先頭へ

組織革新研究会について

組織革新研究会の5日間