参加リポート/現場から

生々しい状況を部下に実感させねばと決意した

投票する

「いいな」と思われたら押してください。

西本直樹  ジャパン マリンユナイテッド㈱ 呉事業所 造船部 塗装グループ長  〔第405回/2006年5月会期参加〕  NO.1055

1055nishimotoHP.jpg
  私たちの職場は操業の80%を協力会社の請負工事が占めています。 ところがその現場は人の入れ替わりが激しく、各社とも人材確保に苦しんでいました。 中には以前に比べて、施工する能力そのものが明らかに落ちていると感じてしまう会社もありました。
  作業効率が低下した場合、実績と請負決定時の単価との差ははっきりと金額に表われてきます。 効率低下による金額損失はもちろん協力会社側の問題で、追加費用請求は認められません。 しかしこのような状態が続けば、いずれは私たちが担当している塗装業務において工程や品質に大きく悪影響を及ぼすことは明らかでした。
  私たちが協力会社に作業効率改善の支援をしなければ現状を打破できない、そう思った私は、この問題解決を自グループのメンバーに託しました。
  さっそく彼らは協力会社と打合せし、工程管理や段取り、そして作業計画を立てる際のツールの提供などの支援内容を決めました。
  しかししばらく経っても変わってきた感じがありません。 彼らの報告を聞いてみると、「言っても協力会社がやらないから」という雰囲気に溢れていました。 その時、自分のすすめかたが間違っていたと気づきました。
  「対象」である協力会社の状況がわからない彼らは、どこまでいっても相手の問題としか感じられず、支援するという課題が全く自分事に受け止められなかったのです。 まずは協力会社が直面している生々しい状況を明らかにして、彼らに実感させなければと改めて決意しました。
  今、メンバーは請負会社の作業実績を調べ、請負単価と実績を比較しています。 状況が明らかになるに従い、協力会社が強くならなければ私たちの目標達成もありえないと強く感じてきたようです。 次は、調べたことから決めた新たな支援内容を、彼らを中心にしてすすめさせたいと思っています。

脱・「三逆リーダー」
新着 記事・お知らせ
  • 2020.09.18        

    間違っていなかった

  • 2020.09.15        

    新人の頃のがむしゃらさを再び…...

  • 2020.09.11        

    どうにも手強い自分がいます
    ――部下を仕事の主人公に(後編)...

  • 2020.09.08        

    主体性を奪っていた
    ――部下を仕事の主人公に(前編)...

  • 2020.09.04        

    危険箇所を「絵」で書き出させると……...

  • 研究会へのお申込み
  • デイリーメール 登録・変更
  • 組革研スケデュール
  • 組革研アーカイブ
パンフレット・発行物のご案内
  • 脱「三逆リーダー」

    藤田 英夫 (著) 発行:ダイヤモンド社 発売:ダイヤモンド社


  • 「個全システム」によるミーティング革新

    藤田 英夫 (著) 発行:ダイヤモンド社 発売:ダイヤモンド社


  • 不感症体質に挑む「人間力」全員経営

    藤田 英夫 (編) 発行:シンポジオン 発売:創英社/三省堂書店


  • 経営の創造

    藤田 英夫 (編) 発行:シンポジオン 発売:創英社/三省堂書店


  • 第3の組織論

    小林 茂 (著) 発行:シンポジオン 発売:創英社/三省堂書店


  • 人間力をフリーズさせているものの正体

    藤田 英夫 (著) 発行:シンポジオン 発売:創英社/三省堂書店


  • 人間力―そこにどう火を点けるか

    藤田 英夫 (著) NTT出版


  • 人を人として―指示待ち人間を目覚めさせるもの

    藤田 英夫 (著) PHP研究所


  • 「状況」が人を動かす―管理からリードへ

    藤田 英夫 (著) 毎日新聞社


ページの先頭へ

組織革新研究会について

組織革新研究会の5日間