参加リポート/現場から

他人事なのは自分のほうだったと気づいた

投票する

「いいな」と思われたら押してください。

畑中潤一  日鉄住金物流大分 物流技術部 主査  〔第495回/2016年5月会期参加〕  NO.894

894hatanakaHP
  組革研に到着したら、当然、先に説明があるだろうと思っていました。 ところが与えられたのは課題だけ。 驚きはすぐに不満に変わりました。
  しかし翌日にはすっかり自分が変わっていました。 頭をぶん殴るようにして 「S-20」 についてのわからないことを絞り出し、それを明らかにするために現場調査をくり返すと、知りたい欲求がどんどん湧き上がってくるのです。 「絶対に法則を見つけてやるぞ!」。 現地に向かう足取りがどんどん早くなっていきました。
  職場で私は、部下の仕事に向き合う姿勢がどこか他人事のように見えてしかたありませんでした。 彼にとってはそれほど難しくないと思うのに、どう動けばよいかを、なぜいつも求めてくるか不思議でした。
  しかし自分自身がすすめかたの説明を求め、それが当りまえだと思っていたことに組革研で気づかされたのです。 そして部下から聞かれると教え、気になるとすぐ口を挟んでしまっていたことを思い返しました。 他人事のようだと部下に感じていたのは、それが自分が起こしていた問題だと思っていなかったからです。 私のほうが他人事だったのです。
  職場に帰ってから、課題のすすめかたやスケデュールの把握を全て部下に任せました。 相談されても状況だけを尋ねるようにし、問題が起こっても自分で現場を調べてからと伝えて、自分の経験値で思いついたことを絶対に口にしないようにしました。
  そう変えてから、小さなトラブルはありますが大きな問題は起きていません。 彼の課題は以前より増え、より大きくなっていますが、それを正面から受け止めています。 以前より明るくなったようにさえ感じます。 私自身も、一方的に指示していた頃より、彼の様子がよくわかるようになりました。

脱・「三逆リーダー」
新着 記事・お知らせ
  • 2020.09.23        

    「あれどうなった?」

  • 2020.09.18        

    間違っていなかった

  • 2020.09.15        

    新人の頃のがむしゃらさを再び…...

  • 2020.09.11        

    どうにも手強い自分がいます
    ――部下を仕事の主人公に(後編)...

  • 2020.09.08        

    主体性を奪っていた
    ――部下を仕事の主人公に(前編)...

  • 研究会へのお申込み
  • デイリーメール 登録・変更
  • 組革研スケデュール
  • 組革研アーカイブ
パンフレット・発行物のご案内
  • 脱「三逆リーダー」

    藤田 英夫 (著) 発行:ダイヤモンド社 発売:ダイヤモンド社


  • 「個全システム」によるミーティング革新

    藤田 英夫 (著) 発行:ダイヤモンド社 発売:ダイヤモンド社


  • 不感症体質に挑む「人間力」全員経営

    藤田 英夫 (編) 発行:シンポジオン 発売:創英社/三省堂書店


  • 経営の創造

    藤田 英夫 (編) 発行:シンポジオン 発売:創英社/三省堂書店


  • 第3の組織論

    小林 茂 (著) 発行:シンポジオン 発売:創英社/三省堂書店


  • 人間力をフリーズさせているものの正体

    藤田 英夫 (著) 発行:シンポジオン 発売:創英社/三省堂書店


  • 人間力―そこにどう火を点けるか

    藤田 英夫 (著) NTT出版


  • 人を人として―指示待ち人間を目覚めさせるもの

    藤田 英夫 (著) PHP研究所


  • 「状況」が人を動かす―管理からリードへ

    藤田 英夫 (著) 毎日新聞社


ページの先頭へ

組織革新研究会について

組織革新研究会の5日間