参加リポート/現場から

「やるしかない」 の言葉で腹をくくった

投票する

「いいな」と思われたら押してください。

山本 綾  アンリツ 先進技術開発センター  〔第494回/2016年4月会期参加〕  NO.861

  製品のマニュアルづくりを担当していた私は、それとは畑違いの製品開発の部署に2月に異動しました。
  これまでは既存製品に対する課題だったため、やるべきことは何かがわかってすすめていたつもりでしたが、今後はまだ世に出ていない製品の開発を手掛けることになります。 目にする内容はどれもこれも重要なことに思え、どこから手を付けていけばよいかすらわからなくなりました。
  それからしばらくして組革研に参加しました。 課題が次つぎと押し寄せ、しかもうまくいかない状況に直面して、初めて 「仕事とは何か」 「 『対象』 とは何か」 を真剣に考えさせられました。
  自分がいかに対応ばかり考えてすすめていたかを思い知らされ、変えなければならないと実感しましたが、それでも組革研参加まえに抱えていた悩みはまだ消えません。 「何から手を付ければよいかわからない」 という悩みを思い切ってキャンパスリーダーに質問したのです。
  すると、 「やるしかない」 という答えをいただきました。 「方法も自分で見つけるしかない」と。 その言葉をうかがい、腹をくくりました。
  職場に戻り、すぐに 「やらなければいけないこと」 を書き出し、貼り出しました。 課題を一覧一望してみると、優先順位が浮かぶようになってきました。 今まであれもこれもと頭の中で考え、気が急くだけで止まってしまい、けっきょくは 「対象」 に向き合わずに思いつくことに対応していたことに、やってみて初めて気づきました。
  課題の納期は今年いっぱい。 しかしどうすればよいかは見えてきました。 今後は、これも組革研で初めてうかがった 「リード」 を意識しながら、新たに持つことになったメンバーとともに課題達成に向かっていきます。

脱・「三逆リーダー」
新着 記事・お知らせ
  • 2020.09.18        

    間違っていなかった

  • 2020.09.15        

    新人の頃のがむしゃらさを再び…...

  • 2020.09.11        

    どうにも手強い自分がいます
    ――部下を仕事の主人公に(後編)...

  • 2020.09.08        

    主体性を奪っていた
    ――部下を仕事の主人公に(前編)...

  • 2020.09.04        

    危険箇所を「絵」で書き出させると……...

  • 研究会へのお申込み
  • デイリーメール 登録・変更
  • 組革研スケデュール
  • 組革研アーカイブ
パンフレット・発行物のご案内
  • 脱「三逆リーダー」

    藤田 英夫 (著) 発行:ダイヤモンド社 発売:ダイヤモンド社


  • 「個全システム」によるミーティング革新

    藤田 英夫 (著) 発行:ダイヤモンド社 発売:ダイヤモンド社


  • 不感症体質に挑む「人間力」全員経営

    藤田 英夫 (編) 発行:シンポジオン 発売:創英社/三省堂書店


  • 経営の創造

    藤田 英夫 (編) 発行:シンポジオン 発売:創英社/三省堂書店


  • 第3の組織論

    小林 茂 (著) 発行:シンポジオン 発売:創英社/三省堂書店


  • 人間力をフリーズさせているものの正体

    藤田 英夫 (著) 発行:シンポジオン 発売:創英社/三省堂書店


  • 人間力―そこにどう火を点けるか

    藤田 英夫 (著) NTT出版


  • 人を人として―指示待ち人間を目覚めさせるもの

    藤田 英夫 (著) PHP研究所


  • 「状況」が人を動かす―管理からリードへ

    藤田 英夫 (著) 毎日新聞社


ページの先頭へ

組織革新研究会について

組織革新研究会の5日間