参加リポート/現場から

作業者自身が職場を巡回するようにした

投票する

「いいな」と思われたら押してください。

松森孝太  三井造船 玉野事業所 艦船建造部 課長補佐  〔第489回/2015年9月会期参加〕  NO.821

  船体を構成する鋼板の切断や曲げ作業を行う部署に所属しています。 さまざまな部材を取り扱い、後工程への搬入作業も担当しています。
  「2S/3定 (整理・整頓/定品・定量・定位置) の推進」 が工場の方針として掲げられました。 それ以降、安全担当をはじめ各部門長も、毎日工場内を巡回し、方針に沿わない箇所を各部署に指摘するようになりました。
  しかししばらく経っても、いっこうに指摘される箇所が減りません。 私自身も、安全とは思えない部分や整理整頓されていない場所に気づくたび、作業者に伝えて対策を指示しましたが、これも減ってはいませんでした。
  ちょうどその頃、組革研に参加しました。 そして、これまで続けていた私からの指示が、それだけをやればいいと作業者に思わせ、この課題を彼ら自身の問題にさせていなかったことに気づきました。
  組革研から戻り、まず、作業者自身に職場を巡回させることにしました。 彼らにそれを伝えると 「部門長やリーダーが日々やっているじゃないか」 「気づいた場所を指摘してもらうだけでいいのに」 と不満気でした。
  それでも、彼らに取り組ませました。 いやいや動きはじめた彼らでしたが、実際に現場に行ってみると、すぐに 「部材置場から部材がはみ出している」 という状況を伝えてきました。
  その状況を聞いた私は、それを変えることも彼らに任せました。 すると、部材置場が狭いから拡げよう、置き場を変えようと、自然に自分たちで相談しはじめたのです。 話し合った結果、上下に部材を置く専用の架台を作り、それに収容することになりました。
  彼らの動きをきっかけとして、 「2S/3定」 に全員の目が向かっていくような活動に拡げていきたいと思っています。

脱・「三逆リーダー」
新着 記事・お知らせ
  • 2019.07.04        

    なんとかして打開策をみつけなければ...

  • 2019.07.03        

    わからないことを自分の力で明らかにしていく...

  • 2019.07.02        

    自ら現場へ足を運ぶようになってきた...

  • 2019.07.01        

    どうしたら彼らがもっと力を発揮できるのか...

  • 2019.06.28        

    「一覧一望」を習慣づけるようにしている...

  • 研究会へのお申込み
  • デイリーメール 登録・変更
  • 組革研スケデュール
  • 組革研アーカイブ
パンフレット・発行物のご案内
  • 脱「三逆リーダー」

    藤田 英夫 (著) 発行:ダイヤモンド社 発売:ダイヤモンド社


  • 「個全システム」によるミーティング革新

    藤田 英夫 (著) 発行:ダイヤモンド社 発売:ダイヤモンド社


  • 不感症体質に挑む「人間力」全員経営

    藤田 英夫 (編) 発行:シンポジオン 発売:創英社/三省堂書店


  • 経営の創造

    藤田 英夫 (編) 発行:シンポジオン 発売:創英社/三省堂書店


  • 第3の組織論

    小林 茂 (著) 発行:シンポジオン 発売:創英社/三省堂書店


  • 人間力をフリーズさせているものの正体

    藤田 英夫 (著) 発行:シンポジオン 発売:創英社/三省堂書店


  • 人間力―そこにどう火を点けるか

    藤田 英夫 (著) NTT出版


  • 人を人として―指示待ち人間を目覚めさせるもの

    藤田 英夫 (著) PHP研究所


  • 「状況」が人を動かす―管理からリードへ

    藤田 英夫 (著) 毎日新聞社


ページの先頭へ

組織革新研究会について

組織革新研究会の5日間