参加リポート/現場から

組革研で一瞬だけ見えた 「リーダー像」

投票する

「いいな」と思われたら押してください。

吉田英樹  ATテクマック 製造部長  〔第491回/2015年11月会期「リーダー参加」〕  NO.817

817yoshidaHP
 「よけいな指示をしなければ、メンバーの力が自然と発揮されるはず」 と、 「リーダー参加」 まえは少し気楽に思い描いていました。
  ところが実際に組革研が始まってみると、現地調査を重ねても私のチームは 「S-20」 の仕組みをほとんど明らかにできていませんでした。 それでもまだ緩慢なメンバーの動きを見たブロックリーダーから、 「彼らを信じることと放任することは違う!」 と一喝されたのです。 メンバーに向き合えず、いい加減な状態を許している自分に改めて気づかされました。
  その後、これまでをふり返りました。 そしてブロックリーダーから受けた指摘が、チーム運営の巧拙を問うものは一度もなく、私がメンバーの動きをちゃんと見ているか、真正面から彼らにぶつかっているかがほとんどだったことに気づきました。 その時のブロックリーダーの真剣な目を思い出し、初めて 「易きに流れるのを許さない」 という言葉の感覚がすっと身体に入り込んだように感じ、少しだけ霧が晴れたように思えました。
  自分の何が変わったのか、理由は全くわかりませんが、その後のメンバーの動きが変わりました。 皆、走っていました。
  職場に戻ってからは、問題が発生するとメンバーを現場や顧客のもとに行かせ、直接お客様と対面することで、その状況やニーズを本人に自覚させるようにしています。 また、品質や生産性を向上させるため、責任者として推進担当を決めて、彼自身の課題としてすすめるように変えました。
  しかし、未だ突発的なトラブルは撲滅できていません。 それは、部下や仕事への私のかかわりかたがまだまだ甘く、彼らに迫れない弱さが端々に出ていることの結果だと思っています。 組革研体験の最中に一瞬だけ見えた 「リーダー像」 をもっと明確にしたいと、今も悩んでいます。

脱・「三逆リーダー」
新着 記事・お知らせ
  • 2019.07.04        

    なんとかして打開策をみつけなければ...

  • 2019.07.03        

    わからないことを自分の力で明らかにしていく...

  • 2019.07.02        

    自ら現場へ足を運ぶようになってきた...

  • 2019.07.01        

    どうしたら彼らがもっと力を発揮できるのか...

  • 2019.06.28        

    「一覧一望」を習慣づけるようにしている...

  • 研究会へのお申込み
  • デイリーメール 登録・変更
  • 組革研スケデュール
  • 組革研アーカイブ
パンフレット・発行物のご案内
  • 脱「三逆リーダー」

    藤田 英夫 (著) 発行:ダイヤモンド社 発売:ダイヤモンド社


  • 「個全システム」によるミーティング革新

    藤田 英夫 (著) 発行:ダイヤモンド社 発売:ダイヤモンド社


  • 不感症体質に挑む「人間力」全員経営

    藤田 英夫 (編) 発行:シンポジオン 発売:創英社/三省堂書店


  • 経営の創造

    藤田 英夫 (編) 発行:シンポジオン 発売:創英社/三省堂書店


  • 第3の組織論

    小林 茂 (著) 発行:シンポジオン 発売:創英社/三省堂書店


  • 人間力をフリーズさせているものの正体

    藤田 英夫 (著) 発行:シンポジオン 発売:創英社/三省堂書店


  • 人間力―そこにどう火を点けるか

    藤田 英夫 (著) NTT出版


  • 人を人として―指示待ち人間を目覚めさせるもの

    藤田 英夫 (著) PHP研究所


  • 「状況」が人を動かす―管理からリードへ

    藤田 英夫 (著) 毎日新聞社


ページの先頭へ

組織革新研究会について

組織革新研究会の5日間