組革研体験した横浜ゴム株式会社新入社員の取り組み

投票する

「いいな」と思われたら押してください。

京牟禮 学 27歳 タイヤ生産技術部 2017年入社

 入社してほぼ1年、仕事が嫌で嫌でしかたありませんでした。仕事で頑張るなんてとんでもない。できるだけ楽なやりかたで適当にこなし、可もなく不可もなく、給料が入ればそれでいい。本心からそう思っていました。
 昨年2月に参加した「組革研」で仕事への思いを問われた僕は、正直に答えました。「仕事なんてやりたくない」と。そのとき、キャンパスリーダーの表情が一瞬曇り、鋭い眼光で睨みつけられたような気がしたのを覚えています。
 仕事が嫌だった理由の一つに、自分の性格が考えられます。ひと言でいえば「テキトー」。物事に真剣に向き合うより、気楽に取り組んで、ある程度できてしまえば、もうそれでいいやとなってしまう。そんな自分の性格には薄々気づいていたのですが、5日間の「組革研」体験によって、つくづく実感させられることになりました。
 初日から僕は不満たらたらでした。「なんでこんなことしなきゃいけないんだ」、「むかつく」。「組革研」における「やらなければならない状況」を僕は理不尽な強制と感じ、日々の仕事と同様に、何とか適当に済ませようとしていました。そうした態度、気持ちは下期のゴールまで続きました。「俺がやらなくても誰かが何とかしてくれるだろう」と。
 それでも結果は1着でゴール。その瞬間、今まで感じたことのないような充実感、高揚感のようなものをたしかに感じました。
 「いったいこの気持ちは何なんだろう?」。そんな思いで最後のキャンパスリーダーの講話を聞いたら、今までもやもやしていたものが、ふっと腹に落ちたような気がしたのです。
 やらなければどうしようもない状況におかれながらも、どこか適当な態度、気持ちが抜けなかった僕でしたが、最後に1着でゴールできた瞬間はたしかに心が大きく動いた。キャンパスリーダーから「それこそが感動だ」と言われました。感動のない人生に意味があるのかと問われたように思いました。さらに、感動とか生きている実感は「全力を出さなければけっして得られないものだ」ともおっしゃいました。
 「僕に足りなかったのはこれだったんだ」。「組革研」体験で、はじめて素直になり、自分と向き合えた瞬間でした。
 以来、少しずつですが、仕事への思いにも変化が生まれつつあります。もちろん今でもついつい楽なほうに流されそうになるのですが、そんなときは「全力」という言葉を念じるようにしています。でも、「全力」ほど難しいものもない。「組革研」のような、期間限定の追い込まれた状況のなかでは全力を出せても、日々のルーティーンのなかでそれを出すのは、本当に難しいことだということを痛感しています。
 ただ「組革研」を経て、「全力でやろう」という気持ちだけは常に持てるようになった気がします。適当にやることのつまらなさに、ようやく気づいてきたのかもしれません。

脱・「三逆リーダー」
新着 記事・お知らせ
  • 2021.03.09        

    けんか腰で迫ったり、腹をわって話したり...

  • 2021.03.05        

    アドバイスを封印してみると

  • 2021.03.02        

    ネットで「個全システム」を

  • 2021.02.26        

    再三再四の突き返し努力

  • 2021.02.24        

    上っ面を撫でているだけなのか ...

  • 研究会へのお申込み
  • デイリーメール 登録・変更
  • 組革研スケデュール
  • 組革研アーカイブ
パンフレット・発行物のご案内
  • 脱「三逆リーダー」

    藤田 英夫 (著) 発行:ダイヤモンド社 発売:ダイヤモンド社


  • 「個全システム」によるミーティング革新

    藤田 英夫 (著) 発行:ダイヤモンド社 発売:ダイヤモンド社


  • 不感症体質に挑む「人間力」全員経営

    藤田 英夫 (編) 発行:シンポジオン 発売:創英社/三省堂書店


  • 経営の創造

    藤田 英夫 (編) 発行:シンポジオン 発売:創英社/三省堂書店


  • 第3の組織論

    小林 茂 (著) 発行:シンポジオン 発売:創英社/三省堂書店


  • 人間力をフリーズさせているものの正体

    藤田 英夫 (著) 発行:シンポジオン 発売:創英社/三省堂書店


  • 人間力―そこにどう火を点けるか

    藤田 英夫 (著) NTT出版


  • 人を人として―指示待ち人間を目覚めさせるもの

    藤田 英夫 (著) PHP研究所


  • 「状況」が人を動かす―管理からリードへ

    藤田 英夫 (著) 毎日新聞社


ページの先頭へ

組織革新研究会について

組織革新研究会の5日間