キャンパスリーダーの独り事

「参加させても変わらないのがいる。なぜか?」をめぐって
―― ご質問に応える③  No.69

CL320no29ho.jpg 去る7月の「組革研/定期報告会」でのご質問の一つに「参加させても変わらないのがいる。なぜか?」があった。これには、組革研会期内と職場に戻ってからの二つの場面が考えられる。前者でのそれについてはこのコラムのNo.65(14.9.5.)でお応えしたので、今回は後者でのそれについて記したい。
 もとより、組革研は後者のための存在である。
 これについては、フリースケール・セミコンダクタ・ジャパンの人事本部長である大屋裕靖さんが核心を突いた一つの答を示してくれている。
 同社工場の一部の前身である東北セミコンダクタ時代、約2年の間に社員の10パーセントに相当する150人を派遣された。その頃の大屋さんが、それによって「大きく変わった」「少し変わった」「変わらない」が3分の1ずつだと語って私を落胆させたのを今でも忘れない。ところがである。間をおいてその150人の多くが各部署のリーダーとなった。すると、それまで潜んでいた組革研のやりかたがむくむくと姿を現わし出し、職場の中には模造紙があふれて改善がすすみ始め、歩留まり、品質、サイクルタイムなど、全工場のトップ業績を長期にわたって維持し続けることとなったのであった。東日本大震災による大被害をうけたにもかかわらず。彼らは、「最高業績を出すのは、会社のためではなく、自分のため、仲間のためだ」と言っているそうだ。
 大屋さんは、「組革体験者が心の奥で影響を受けたものを身体の中に秘めていて、それがこのような形で現れたのではないか」と思い返しておられる。(来る11月21日の「組織革新研究会/今年下期の定期報告会」では、大屋さんからその報告がある。)
 昭和アルミニウム缶の元常務取締役であった松浦正明さんも、「組革体験は4、5年も経ってから急に現れてくる」とよく言っておられた。
 あらゆる体験には、このHP上の「一歩踏み出せた/現場から」でデイリーに報告されているように即動けるケースもあれば、熟成のための”潜伏期間”を要するものもある。派遣する立場からすれば、そんなに待っていられるかということにもなろうが、それは、当事者の体質とともに、職場の体質にも大きく左右されていくものだと思う。
 上記、我田引水にすぎると言われかねない。「参加させても変わらないのがいる」を全否定しているのではない。

14.10.18.

脱・「三逆リーダー」
新着 記事・お知らせ
  • 2020.07.10        

    やっと少し変わってきた
    ――今度こそやり抜く(後編)...

  • 2020.07.07        

    自分の弱さと職場で向き合う
    ――今度こそやり抜く(前編)...

  • 2020.07.04        

    満足して終わる日はなくなった...

  • 2020.06.30        

    トライ&エラーをくり返していく...

  • 2020.06.26        

    危機感の無さと闘っていく

  • 研究会へのお申込み
  • デイリーメール 登録・変更
  • 組革研スケデュール
  • 組革研アーカイブ
パンフレット・発行物のご案内
  • 脱「三逆リーダー」

    藤田 英夫 (著) 発行:ダイヤモンド社 発売:ダイヤモンド社


  • 「個全システム」によるミーティング革新

    藤田 英夫 (著) 発行:ダイヤモンド社 発売:ダイヤモンド社


  • 不感症体質に挑む「人間力」全員経営

    藤田 英夫 (編) 発行:シンポジオン 発売:創英社/三省堂書店


  • 経営の創造

    藤田 英夫 (編) 発行:シンポジオン 発売:創英社/三省堂書店


  • 第3の組織論

    小林 茂 (著) 発行:シンポジオン 発売:創英社/三省堂書店


  • 人間力をフリーズさせているものの正体

    藤田 英夫 (著) 発行:シンポジオン 発売:創英社/三省堂書店


  • 人間力―そこにどう火を点けるか

    藤田 英夫 (著) NTT出版


  • 人を人として―指示待ち人間を目覚めさせるもの

    藤田 英夫 (著) PHP研究所


  • 「状況」が人を動かす―管理からリードへ

    藤田 英夫 (著) 毎日新聞社


ページの先頭へ

組織革新研究会について

組織革新研究会の5日間