キャンパスリーダーの独り事

「自分たちで、みんなでやる」/「化粧はがし」の第4キーポイント
――「状況」が人を動かす・7  No.192

192CL.jpg  キーポイントの第4は、 「対象ウォッチング」 「プロセス再現」 「現地・現物調査」に関しては、 「自分たちで、みんなでやる」ことである。
  全プロセスに参加できない人がいる場合には、たとえ少しでも、なるべくその初期段階に参加できるように工夫したい。 参加できないからといって、結果の説明に代えてはだめだ。 そんなことでは逆効果さえ生じかねない。
  一人ひとりには、状況の一部しか見えていない。 したがって片寄っている。 にもかかわらず一人ひとりは、それで全体をイメージしている。 旅行パンフレットの大きな写真1枚を見て当地をイメージしてしまうのと同じだ。
  樹を見て森を見ず、森を見て樹を見ずのタイプの人もいる。 私がマスコミの仕事をしている頃に教わった言葉に、 「虫の目、鳥の目」というのがあった。 虫は目前の断片を微細に見るが全体を見渡せない。 鳥はその逆。 状況を捉えるには、この双方を要するわけだ。
  一人ひとりに客観性、中立性などはない。 みな片寄っている。 全員でやることによって、それらをカバーしやすくなる。

  「化粧はがし」連載の終わりに、それを邪魔をする二つのことを記しておく。
  一つは、化粧がはがれることを恐れる人がいること。 慣れてしまえば自動的に解決してしまうことなのだが。
  もう一つは、期待される結論やアウトプットを予想して、そのようにまとめようとする人がいることだ。 企業人の中に少なくない。 これは 「化粧はがし」とは正反対の発想である。
  ( 『人を人として』第六章二より抜粋)

17.6.6.

脱・「三逆リーダー」
新着 記事・お知らせ
  • 2019.07.04        

    なんとかして打開策をみつけなければ...

  • 2019.07.03        

    わからないことを自分の力で明らかにしていく...

  • 2019.07.02        

    自ら現場へ足を運ぶようになってきた...

  • 2019.07.01        

    どうしたら彼らがもっと力を発揮できるのか...

  • 2019.06.28        

    「一覧一望」を習慣づけるようにしている...

  • 研究会へのお申込み
  • デイリーメール 登録・変更
  • 組革研スケデュール
  • 組革研アーカイブ
パンフレット・発行物のご案内
  • 脱「三逆リーダー」

    藤田 英夫 (著) 発行:ダイヤモンド社 発売:ダイヤモンド社


  • 「個全システム」によるミーティング革新

    藤田 英夫 (著) 発行:ダイヤモンド社 発売:ダイヤモンド社


  • 不感症体質に挑む「人間力」全員経営

    藤田 英夫 (編) 発行:シンポジオン 発売:創英社/三省堂書店


  • 経営の創造

    藤田 英夫 (編) 発行:シンポジオン 発売:創英社/三省堂書店


  • 第3の組織論

    小林 茂 (著) 発行:シンポジオン 発売:創英社/三省堂書店


  • 人間力をフリーズさせているものの正体

    藤田 英夫 (著) 発行:シンポジオン 発売:創英社/三省堂書店


  • 人間力―そこにどう火を点けるか

    藤田 英夫 (著) NTT出版


  • 人を人として―指示待ち人間を目覚めさせるもの

    藤田 英夫 (著) PHP研究所


  • 「状況」が人を動かす―管理からリードへ

    藤田 英夫 (著) 毎日新聞社


ページの先頭へ

組織革新研究会について

組織革新研究会の5日間