キャンパスリーダーの独り事

「生産生活」 と 「消費生活」/仕事観  No.132

132hitorigotov2.jpg
  我われ人間の毎日は、「生産生活」 と 「消費生活」 の二面で成り立っている。その余はない。 ちなみに、「生活」 とは 「生存して活動すること」 と 『広辞苑』 にはある。この二面の 「生活」 によって、我われの 「人生」 は実存している。
 「生産生活」 とは、仕事即ち働くこと、他者の 「消費生活」 を支えるものである。「消費生活」 とはその逆、働くこと以外の総て、他者の 「生産生活」 によって支えられるものである。 俗っぽく言えば、「生産生活」 とは他者を食わしていくことであり、「消費生活」 とは他者の 「生産生活」 を食っていくことだ。 例えば、食べられるのも夜寝ていられるのも他者の「生産生活」があってのことである。
  したがって、子どもと老人、病人や障害を負っている人を除いては、働かないなどということは人間として許されることではない。
  働くということ即ち仕事、人びとのこの仕事観がいま完全に狂ってしまってはいないだろうか。

  仕事とは何か。
  来る日も来る日も我われ人間は仕事をくり返し続けているのに、その概念を問うている人は少なく、日々積み重ねられていくその感懐は、相当におかしくなっているようだ。 そのことが人びとの仕事に対する姿勢に、ひいては人生の豊かさに決定的な反作用をもたらせていると思われてならない。
  そこで来週から3回にわたって、仕事観、即ち仕事というものの構造をなす三つの次元について明らかにしてみたい。 題して 「仕事の3D」 である。
  (『人間力』 第一章より抜粋に加筆)

16.3.1.

脱・「三逆リーダー」
新着 記事・お知らせ
  • 2019.07.04        

    なんとかして打開策をみつけなければ...

  • 2019.07.03        

    わからないことを自分の力で明らかにしていく...

  • 2019.07.02        

    自ら現場へ足を運ぶようになってきた...

  • 2019.07.01        

    どうしたら彼らがもっと力を発揮できるのか...

  • 2019.06.28        

    「一覧一望」を習慣づけるようにしている...

  • 研究会へのお申込み
  • デイリーメール 登録・変更
  • 組革研スケデュール
  • 組革研アーカイブ
パンフレット・発行物のご案内
  • 脱「三逆リーダー」

    藤田 英夫 (著) 発行:ダイヤモンド社 発売:ダイヤモンド社


  • 「個全システム」によるミーティング革新

    藤田 英夫 (著) 発行:ダイヤモンド社 発売:ダイヤモンド社


  • 不感症体質に挑む「人間力」全員経営

    藤田 英夫 (編) 発行:シンポジオン 発売:創英社/三省堂書店


  • 経営の創造

    藤田 英夫 (編) 発行:シンポジオン 発売:創英社/三省堂書店


  • 第3の組織論

    小林 茂 (著) 発行:シンポジオン 発売:創英社/三省堂書店


  • 人間力をフリーズさせているものの正体

    藤田 英夫 (著) 発行:シンポジオン 発売:創英社/三省堂書店


  • 人間力―そこにどう火を点けるか

    藤田 英夫 (著) NTT出版


  • 人を人として―指示待ち人間を目覚めさせるもの

    藤田 英夫 (著) PHP研究所


  • 「状況」が人を動かす―管理からリードへ

    藤田 英夫 (著) 毎日新聞社


ページの先頭へ

組織革新研究会について

組織革新研究会の5日間