キャンパスリーダーの独り事

「やらせる」の二種  No.112

no112CL320.jpg
 リーダーの対象は仕事と部下である。仕事に対しては今ここではさておく。
 部下に対するリーダーの使命は、仕事を「やらせる」のであって、「やっていただく」のではない。教師は学徒に、勉強をやっていただくのではなく、やらせねばならない。
 “上”の立場にある人のこの辺のところの意識が今、相当におかしくなっているようだ。「やっていただく」の横行はその一例である。
 「やらせ」なる悪いイメージを躱(かわ)したいが故の「いただく」であろう。だがその躱したいものは、「人を道具として」の管理の発想から生じるものである。その根元を省みることなく、そこから湧き出てくるもののみを躱そうと、カバーしようと、さらに言えばまやかそうとする他意が「やっていただく」となって現れているのではないのか。
 仕事はやるものである。やらねばならないものだ。そうでなければ一人ひとりの「生産生活」は無きに等しくなって、人びとは片輪の人生を送ることになってしまう。
 即ち、仕事は人びとにとって、自分のものでなければならないのだ。どうしてそれを、やっていただくにしてしまうのか。言い回しや理くつをこねているのではない。やっていただくものになったとき、総ては他人ごとに化してしまうではないか。
                          □
 「管理」も私が主唱する「リード」も共に、部下に仕事をやらせるという一点においては変わりない。だがその「やらせる」には、正反対の二種があるのである。「道具として」やらせるか「人として」やらせるかである。「道具力」でやらせるか「人間力」でやらせるかである。この二種の違いが人びとにもたらすものも、したがって正反対の二種に分かれる。
 前者のやらせるは「やらされる」となり、後者のやらせるは「やる」に反転することになる。
 「人を人として」なのになぜやらせねばならぬのか、との疑問から脱け出せない人がいるかもしれない。我われ人間が「やる」になるためには、即ち「人間力」が引き出されるためには、外からの力の作用を要するのである。
 それは「人・仕事関係」において具現化されることであり、それを生み出していくマネジメントが「リード」なのだ。
(『人間力』第七章四より抜粋、少し加筆)

15.9.29.

脱・「三逆リーダー」
新着 記事・お知らせ
  • 2019.12.13        

    やりかたから自分達で考えさせた...

  • 2019.12.12        

    自分で体験することが大事だ

  • 2019.12.11        

    自分を変える事で、その先が見えてくるはず...

  • 2019.12.10        

    自分は正しいと思い込んでいた...

  • 2019.12.09        

    私が部下の邪魔をしていた

  • 研究会へのお申込み
  • デイリーメール 登録・変更
  • 組革研スケデュール
  • 組革研アーカイブ
パンフレット・発行物のご案内
  • 脱「三逆リーダー」

    藤田 英夫 (著) 発行:ダイヤモンド社 発売:ダイヤモンド社


  • 「個全システム」によるミーティング革新

    藤田 英夫 (著) 発行:ダイヤモンド社 発売:ダイヤモンド社


  • 不感症体質に挑む「人間力」全員経営

    藤田 英夫 (編) 発行:シンポジオン 発売:創英社/三省堂書店


  • 経営の創造

    藤田 英夫 (編) 発行:シンポジオン 発売:創英社/三省堂書店


  • 第3の組織論

    小林 茂 (著) 発行:シンポジオン 発売:創英社/三省堂書店


  • 人間力をフリーズさせているものの正体

    藤田 英夫 (著) 発行:シンポジオン 発売:創英社/三省堂書店


  • 人間力―そこにどう火を点けるか

    藤田 英夫 (著) NTT出版


  • 人を人として―指示待ち人間を目覚めさせるもの

    藤田 英夫 (著) PHP研究所


  • 「状況」が人を動かす―管理からリードへ

    藤田 英夫 (著) 毎日新聞社


ページの先頭へ

組織革新研究会について

組織革新研究会の5日間