参加リポート/現場から

過去の私は、給料泥棒でした

投票する

「いいな」と思われたら押してください。

粟屋博文 横浜ゴム・タイヤシステム部 〔第470回/2013年4月会期参加〕  NO.168

 経理のシステム担当をしていたのですが、新たに製品の設計システムに携わるようになってから、私は仕事ではなく「我慢」をしていました。
 わからないことだらけの職場で、上司からは対応法やマニュアルを与えられず叱咤される日々。
 次第に仕事にどう向き合うかではなく、どうすれば上司に叱られずに済むかを考えるようになりました。
 1か月間ストレスに耐え、我慢をする。その代償として口座に給料が振り込まれる……、単なる給料泥棒でした。
 仕事に対し前向きになれなかった私は、組革研で何かが変わるかもしれない、そんな期待を持って参加しました。
 組革研でも「説明がほとんど与えられず、自分で考えて行動する」、職場で置かれている状況と共通するものを感じました。
 「S-20」では、チーム内で同じ調査を個々で行い、結果を持ち寄って議論をします。私はなぜ同じことをやるのかわかりませんでした。 
 しかし、みんなが調べてきたことをぶつけ合って、やっと「発見」ができたのです。そこまでしてやっとたどり着くのかと思いました。
 今まで、人から聞いたことを鵜呑みにして何も調べず、失敗したことを他人のせいにしていた自分を恥じました。
 現在、組革研で体験したこと一つひとつに取り組んでいます。
 プログラマーがテスト用に起こしたデータを流用し、想定内の動きであれば問題なしとしていたところを、想定外のテストをして、見逃していた不具合を発見することができるようになりました。
 上手くいかないこともありますが、すすむのみです。

脱・「三逆リーダー」
新着 記事・お知らせ
  • 2020.09.18        

    間違っていなかった

  • 2020.09.15        

    新人の頃のがむしゃらさを再び…...

  • 2020.09.11        

    どうにも手強い自分がいます
    ――部下を仕事の主人公に(後編)...

  • 2020.09.08        

    主体性を奪っていた
    ――部下を仕事の主人公に(前編)...

  • 2020.09.04        

    危険箇所を「絵」で書き出させると……...

  • 研究会へのお申込み
  • デイリーメール 登録・変更
  • 組革研スケデュール
  • 組革研アーカイブ
パンフレット・発行物のご案内
  • 脱「三逆リーダー」

    藤田 英夫 (著) 発行:ダイヤモンド社 発売:ダイヤモンド社


  • 「個全システム」によるミーティング革新

    藤田 英夫 (著) 発行:ダイヤモンド社 発売:ダイヤモンド社


  • 不感症体質に挑む「人間力」全員経営

    藤田 英夫 (編) 発行:シンポジオン 発売:創英社/三省堂書店


  • 経営の創造

    藤田 英夫 (編) 発行:シンポジオン 発売:創英社/三省堂書店


  • 第3の組織論

    小林 茂 (著) 発行:シンポジオン 発売:創英社/三省堂書店


  • 人間力をフリーズさせているものの正体

    藤田 英夫 (著) 発行:シンポジオン 発売:創英社/三省堂書店


  • 人間力―そこにどう火を点けるか

    藤田 英夫 (著) NTT出版


  • 人を人として―指示待ち人間を目覚めさせるもの

    藤田 英夫 (著) PHP研究所


  • 「状況」が人を動かす―管理からリードへ

    藤田 英夫 (著) 毎日新聞社


ページの先頭へ

組織革新研究会について

組織革新研究会の5日間