参加リポート/現場から

困難な状況をチャンスに

投票する

「いいな」と思われたら押してください。

伊藤拓司 東日本旅客鉄道・東京工事事務所・事業計画課副課長 〔第460回/2012年2月会期参加〕  NO.148

 一からやり直し! 与えられた検討期間は3か月。通常であれば、絶対に不可能な期限でした。
 駅開発プロジェクトの基本計画作成を担当しております。既存施設の開発が故の制約条件の多さが宿命です。今回の案件は、すぐに解決策に入るのではなく、組革研の「対象を明らかにする」体験を活かしながら部下と共にやってきた、言わば自信作でした。
 このとき、「状況を直面させる」というキャンパスリーダーの言葉を思い出しました。組革研で取ったメモを見直すと、人は困ると考える、大きな荷を背負ったときほど本来の力が出ると書いてありました。
 発想を変えよう。部下と私に成長のチャンスをもらったと。
 これまで私が関係者との調整を行い、課題を整理してから部下に具体的な指示を出しておりました。彼らに状況説明や考えさせることなど一切やりませんでした。この切迫した中でも、部下へのかかわりを変えるチャンスなのだからと自分に言い聞かせました。
 現状を皆にわかるようにするところまでが私の役割と考え、そこから先の関係部署との調整から作業内容の立案まで、すべて部下にやらせました。
 どうすればいいですか? という質問には決して作業の指示はしませんでした。課題は何か? など問いかけるだけにしました。そのうち自分たちの考えを全面に出すようになってきました。
 スケジュール管理もずっと私が行ってきたので、自分の段取りとは違うすすめかたを見ては予定通りに終わるのか不安でした。「早くしろ!」と心の中では思いながら、じっと待つ日が続きましたが、ついに部下は予定通りに仕上げてきました。

脱・「三逆リーダー」
新着 記事・お知らせ
  • 2019.07.04        

    なんとかして打開策をみつけなければ...

  • 2019.07.03        

    わからないことを自分の力で明らかにしていく...

  • 2019.07.02        

    自ら現場へ足を運ぶようになってきた...

  • 2019.07.01        

    どうしたら彼らがもっと力を発揮できるのか...

  • 2019.06.28        

    「一覧一望」を習慣づけるようにしている...

  • 研究会へのお申込み
  • デイリーメール 登録・変更
  • 組革研スケデュール
  • 組革研アーカイブ
パンフレット・発行物のご案内
  • 脱「三逆リーダー」

    藤田 英夫 (著) 発行:ダイヤモンド社 発売:ダイヤモンド社


  • 「個全システム」によるミーティング革新

    藤田 英夫 (著) 発行:ダイヤモンド社 発売:ダイヤモンド社


  • 不感症体質に挑む「人間力」全員経営

    藤田 英夫 (編) 発行:シンポジオン 発売:創英社/三省堂書店


  • 経営の創造

    藤田 英夫 (編) 発行:シンポジオン 発売:創英社/三省堂書店


  • 第3の組織論

    小林 茂 (著) 発行:シンポジオン 発売:創英社/三省堂書店


  • 人間力をフリーズさせているものの正体

    藤田 英夫 (著) 発行:シンポジオン 発売:創英社/三省堂書店


  • 人間力―そこにどう火を点けるか

    藤田 英夫 (著) NTT出版


  • 人を人として―指示待ち人間を目覚めさせるもの

    藤田 英夫 (著) PHP研究所


  • 「状況」が人を動かす―管理からリードへ

    藤田 英夫 (著) 毎日新聞社


ページの先頭へ

組織革新研究会について

組織革新研究会の5日間