参加リポート/現場から

部下の邪魔をしないことの難しさ

投票する

「いいな」と思われたら押してください。

東方誠 住友ゴム工業・名古屋工場・環境安全衛生課・課長 〔第481回/2014年9月会期参加〕  NO.545

 現在、工場全体で廃棄物削減に取り組んでおり、私たちの部署がその事務局を担当しています。組革研から戻ると、定例会議に出席した部下から事務局として取り組むべき課題についての報告を受けました。
 いつものように私の指示を待つ部下を見て、「部下の指示待ちは上司がつくる」という組革研での話を思い出しました。そして、私は、指示待ち部下を脱却させることが、部下の成長のためにも重要だと考えました。
 組革研で聞いた「ロボット症」の話を部下に伝え、そこから抜け出すためにも課題の改善策を自身で考えるように指示したところ、部下は怪訝そうな顔をしていました。しかし、私は考えを変えませんでした。
 こんどは、課題に関わる他部署の担当者に、部下から質問する機会を設けました。これまで自分で調べて解決策を考える機会がなかった部下に、その場を用意しようと考えたのです。しかし、その甲斐むなしく、相変わらずメールのやり取りで時間を費やすばかりでした。
 「今までと何も変わらないじゃないか」と思わず説教したくなりましたが、”人は自分が困れば動く”ことを信じてじっと我慢し、納期2日前になって「今どこまですすんでいる? 納期はすぐだぞ」とだけ言いました。内心はハラハラ、ドキドキです。
 すると部下の動きが変わり、頻繁に現場に足を運ぶようになりました。製造部のメンバーから得られた情報を実地で検証し、納期ぎりぎりまで粘って改善案を考えてきたのです。それはまだ粗削りではありましたが、自分で摑んだ情報をさらに掘り起こした内容になっていました。
 私は、彼の変化を嬉しく思うとともに、部下の邪魔をしないことの難しさを痛感させられました。

脱・「三逆リーダー」
新着 記事・お知らせ
  • 2021.06.15        

    ふと気がついたら、職場がきれいに...

  • 2021.06.11        

    今では彼らから誘われて
    ――彼らは動いた(後編)――...

  • 2021.06.08        

    見せても“見ない”
    ――彼らは動いた(前編)――...

  • 2021.06.04        

    私ができなかったことをやってしまった助っ人...

  • 2021.06.01        

    無意識で何度くり返していることか...

  • 研究会へのお申込み
  • デイリーメール 登録・変更
  • 組革研スケデュール
  • 組革研アーカイブ
パンフレット・発行物のご案内
  • 脱「三逆リーダー」

    藤田 英夫 (著) 発行:ダイヤモンド社 発売:ダイヤモンド社


  • 「個全システム」によるミーティング革新

    藤田 英夫 (著) 発行:ダイヤモンド社 発売:ダイヤモンド社


  • 不感症体質に挑む「人間力」全員経営

    藤田 英夫 (編) 発行:シンポジオン 発売:創英社/三省堂書店


  • 経営の創造

    藤田 英夫 (編) 発行:シンポジオン 発売:創英社/三省堂書店


  • 第3の組織論

    小林 茂 (著) 発行:シンポジオン 発売:創英社/三省堂書店


  • 人間力をフリーズさせているものの正体

    藤田 英夫 (著) 発行:シンポジオン 発売:創英社/三省堂書店


  • 人間力―そこにどう火を点けるか

    藤田 英夫 (著) NTT出版


  • 人を人として―指示待ち人間を目覚めさせるもの

    藤田 英夫 (著) PHP研究所


  • 「状況」が人を動かす―管理からリードへ

    藤田 英夫 (著) 毎日新聞社


ページの先頭へ

組織革新研究会について

組織革新研究会の5日間