参加リポート/現場から

自ら実験して解析結果を検証した

投票する

「いいな」と思われたら押してください。

山田翔太 マツダ・車両実研部・冷却熱開発実研グループ 〔第482回/2014年10月会期参加〕  NO.539

 車の冷却性能や熱による部品劣化などのシミュレーション解析を担当しています。コンピューターでの作業がメインで、入社2年目で経験が浅いこともあり、解析結果が事実にどれだけ反映できているのか常に不安でした。
 あるとき、「開発中の部品の温度が高くなり過ぎるので、解析で原因を調べて対策案の効果を検証してほしい」と依頼されました。解析した数値を報告しましたが、その後、実際の実験では解析結果ほどの効果は現れなかったそうです。私はそれ以来、自分の業務に何の意味があるのかと疑問を感じるようになりました。
 そんなときに組革研に参加すると、「S-20」のしくみを明らかにする課題で、何度も現場に出向いて調べたことで対象が見えてきました。職場の自分を振り返って、なぜこれまで机にしがみついていたのかと目が覚める思いでした。
 自分も実験をしようと決意し、職場に戻ると解析を裏付けるために現場に出るようにしました。他の人が担当している仕事をいただいて実験を自分主体ですすめたり、他の現場にも出向いてわからないことを質問しました。さらに、聞いただけで解決しない疑問は、実際にテスト室で状況を再現して調べました。
 現場に出るとかえってわからないことが増え、その解決のためにさらに現場に行くというサイクルが生まれました。そして、実験結果を解析に反映させることで精度の向上に繋げられるという感触を初めて得られたのです。
 まだ実験に不慣れな私は失敗も多く、先輩からよく叱られてしまいますが、これまで気づかなかった新しい発見があると、嫌なことも忘れるほど嬉しく感じ、今日もまた自然と足がテスト室に向かっています。

脱・「三逆リーダー」
新着 記事・お知らせ
  • 2021.06.15        

    ふと気がついたら、職場がきれいに...

  • 2021.06.11        

    今では彼らから誘われて
    ――彼らは動いた(後編)――...

  • 2021.06.08        

    見せても“見ない”
    ――彼らは動いた(前編)――...

  • 2021.06.04        

    私ができなかったことをやってしまった助っ人...

  • 2021.06.01        

    無意識で何度くり返していることか...

  • 研究会へのお申込み
  • デイリーメール 登録・変更
  • 組革研スケデュール
  • 組革研アーカイブ
パンフレット・発行物のご案内
  • 脱「三逆リーダー」

    藤田 英夫 (著) 発行:ダイヤモンド社 発売:ダイヤモンド社


  • 「個全システム」によるミーティング革新

    藤田 英夫 (著) 発行:ダイヤモンド社 発売:ダイヤモンド社


  • 不感症体質に挑む「人間力」全員経営

    藤田 英夫 (編) 発行:シンポジオン 発売:創英社/三省堂書店


  • 経営の創造

    藤田 英夫 (編) 発行:シンポジオン 発売:創英社/三省堂書店


  • 第3の組織論

    小林 茂 (著) 発行:シンポジオン 発売:創英社/三省堂書店


  • 人間力をフリーズさせているものの正体

    藤田 英夫 (著) 発行:シンポジオン 発売:創英社/三省堂書店


  • 人間力―そこにどう火を点けるか

    藤田 英夫 (著) NTT出版


  • 人を人として―指示待ち人間を目覚めさせるもの

    藤田 英夫 (著) PHP研究所


  • 「状況」が人を動かす―管理からリードへ

    藤田 英夫 (著) 毎日新聞社


ページの先頭へ

組織革新研究会について

組織革新研究会の5日間