参加リポート/現場から

「わからないことがわからない」に気づいた

投票する

「いいな」と思われたら押してください。

瀬戸口慎也 共英製鋼・山口事業所・製造部圧延課主任 〔第474回/2013年10月会期参加〕  NO.321

 塗装ラインのことは良くわかっているつもりでした。出荷担当者から1日に1トンでもいいから生産量を上げられないかと相談されても、ラインのスピードを上げれば不良品が多発するだけだと考え、「やってはみますが…」と受け流していました。
 最近では、オーダーの多様化でラインの製品サイズを頻繁に変えるようになり、その度に設定を変更するので、生産性を上げるどころか下がる一方だったのです。
 組革研では「S-20」のわからないことを400件書き出すという目標を立てましたが、最初は10件しか書けず、「そんなにあるわけない」と決めつけていました。しかし、リーダーに「本当にわかるのか?」と迫られ、よく見直してみると、実はわからないことだらけなのだと気づかされました。「わからないことがわからない」だけだったのです。
 職場に戻り、設備の古いデータを見直してみました。すると、製品サイズの変更で時間がかかるようになったことを考慮しても、現在より生産性が4%高かったことがわかったのです。
 何が違うのかを探ろうと、現場で設備保全担当者や作業者に聞いて回りましたが、電気設備や機械の改造はしていませんでした。まだわかっていないことがあるはずと現場で観察を続けると、機械の動作が遅くなっている箇所を見つけました。いつの間にか設定が変わっていたようです。その部分を調整をしてみると、何と以前と同じ生産性に戻ったのです。
 出荷担当者に報告すると喜んでいただけましたが、「さらに上げられないか」と求められました。今度は、ネックになっている製品サイズ変更時の作業をじっくり観察して、何を変えるべきかを探り始めています。

脱・「三逆リーダー」
新着 記事・お知らせ
  • 2020.09.25        

    やり切った体験が…

  • 2020.09.23        

    「あれどうなった?」

  • 2020.09.18        

    間違っていなかった

  • 2020.09.15        

    新人の頃のがむしゃらさを再び…...

  • 2020.09.11        

    どうにも手強い自分がいます
    ――部下を仕事の主人公に(後編)...

  • 研究会へのお申込み
  • デイリーメール 登録・変更
  • 組革研スケデュール
  • 組革研アーカイブ
パンフレット・発行物のご案内
  • 脱「三逆リーダー」

    藤田 英夫 (著) 発行:ダイヤモンド社 発売:ダイヤモンド社


  • 「個全システム」によるミーティング革新

    藤田 英夫 (著) 発行:ダイヤモンド社 発売:ダイヤモンド社


  • 不感症体質に挑む「人間力」全員経営

    藤田 英夫 (編) 発行:シンポジオン 発売:創英社/三省堂書店


  • 経営の創造

    藤田 英夫 (編) 発行:シンポジオン 発売:創英社/三省堂書店


  • 第3の組織論

    小林 茂 (著) 発行:シンポジオン 発売:創英社/三省堂書店


  • 人間力をフリーズさせているものの正体

    藤田 英夫 (著) 発行:シンポジオン 発売:創英社/三省堂書店


  • 人間力―そこにどう火を点けるか

    藤田 英夫 (著) NTT出版


  • 人を人として―指示待ち人間を目覚めさせるもの

    藤田 英夫 (著) PHP研究所


  • 「状況」が人を動かす―管理からリードへ

    藤田 英夫 (著) 毎日新聞社


ページの先頭へ

組織革新研究会について

組織革新研究会の5日間