参加リポート/現場から

調べたつもりで安心していた

投票する

「いいな」と思われたら押してください。

北村聡彦 ハマゴムエイコム・ERPソリューション部 〔第474回/2013年10月会期参加〕  NO.293

北村聡彦210.jpg 私は、お客様のシステム導入・改修を請け負う部署にいます。
 入社したての頃はわからないことだらけで、がむしゃらに不明点を調べていました。しかし経験を重ね知識が増えると、多少わからないことがあっても納期を気にしてすぐ作業に取りかかるようになりました。
 するとそのうち、納品後に不具合が出たりお客様の要望どおりでないことが発覚するようになり、システムの追加開発や仕様変更がたびたび発生しました。「なぜ今頃になって」とお叱りも受けました。
 組革研に参加すると、作業に取りかかかる前に、まずは対象を徹底して調べることが重要なのだと思い知らされました。そして職場では、納期に追われ、お客様の使うシステムや要望を明らかにしないまま作業をすすめていたのだと気づかされたのです。
 職場に戻りシステム改修のプロジェクトを担当しました。組革研での体験を活かそうと、まずはお客様の要望を既存システムと照らし合わせて確認しました。改修すべき部分はすでにお客様が洗い出しており、それに基づいて既存システムへの影響を調べながら改修案を作成しました。
 改修案の説明資料を作成していると、ふと組革研で対象を明らかにしきれなかったことを思い出して不安になりました。改めて見直すと、既存システムの未調査部分に悪影響が出る可能性があるとわかったのです。明らかに私の見落としでした。改修部分の洗い出しをお客様がしてくださったことで、ひと手間減らせたと安心してしまったのかもしれません。
 お客様のお叱りを受ける覚悟で、率直に再調査のお願いをしました。調べた結果、大きな影響はないとわかりほっとしましたが、対象を明らかにすることの難しさを改めて思い知らされました。

脱・「三逆リーダー」
新着 記事・お知らせ
  • 2020.10.27        

    「まだまだ減らせるぞ」

  • 2020.10.23        

    指示出し魔に戻っていた

  • 2020.10.20        

    「苦手」が「興味」に

  • 2020.10.16        

    お客様にとってどうかを「評価基準」に...

  • 2020.10.13        

    残業0でどうやるか

  • 研究会へのお申込み
  • デイリーメール 登録・変更
  • 組革研スケデュール
  • 組革研アーカイブ
パンフレット・発行物のご案内
  • 脱「三逆リーダー」

    藤田 英夫 (著) 発行:ダイヤモンド社 発売:ダイヤモンド社


  • 「個全システム」によるミーティング革新

    藤田 英夫 (著) 発行:ダイヤモンド社 発売:ダイヤモンド社


  • 不感症体質に挑む「人間力」全員経営

    藤田 英夫 (編) 発行:シンポジオン 発売:創英社/三省堂書店


  • 経営の創造

    藤田 英夫 (編) 発行:シンポジオン 発売:創英社/三省堂書店


  • 第3の組織論

    小林 茂 (著) 発行:シンポジオン 発売:創英社/三省堂書店


  • 人間力をフリーズさせているものの正体

    藤田 英夫 (著) 発行:シンポジオン 発売:創英社/三省堂書店


  • 人間力―そこにどう火を点けるか

    藤田 英夫 (著) NTT出版


  • 人を人として―指示待ち人間を目覚めさせるもの

    藤田 英夫 (著) PHP研究所


  • 「状況」が人を動かす―管理からリードへ

    藤田 英夫 (著) 毎日新聞社


ページの先頭へ

組織革新研究会について

組織革新研究会の5日間