参加リポート/現場から

一生懸命のつもりで手抜きだらけだった

投票する

「いいな」と思われたら押してください。

中島和人 アンリツエンジニアリング・ソフトウェア技術部 〔第472回/2013年7月会期参加〕  NO.270

 私は、測定器のソフトウェア開発に携わっています。測定のための規格が頻繁に更新されるため、それに応じてソフトウェアをバージョンアップしています。
 バージョンアップの際に機能追加を行うこととなり、作業時間を短縮しようと他の人が以前に作成した機能を流用しました。しかしその機能には私の担当外の規格でつくられた処理が含まれていて、ユーザーの問い合わせにすぐ答えられませんでした。
 また、ソフトウェアの事前評価を行わずに開発をすすめ、納品後にユーザーから「使い勝手が悪い」と苦情を受けることがありました。
 そんなとき組革研に参加しました。「S-20」の調査時にチームでこま図を貼り出しましたが、私はそれを見ようともせず思い込みで調査を続けました。一生懸命のつもりでしたが何の成果も上げられず、その後キャンパスリーダーの話から「手抜き」をしていたのだと気づいたのです。
 組革研から戻り、仕事のすすめかたを変えようと思いました。
 ソフトウェアの機能追加に際しては、これまでは関連する規格が担当外であれば深く知ろうとはしませんでしたが、手抜きをせずに調べるようにしました。
 また事前評価については、仕様書で行うのはもちろんのこと、これまで対象としなかったプログラムそのものにまで踏み込むようにして、ユーザーの視点から開発をすすめています。
 私から周りに事前評価を依頼する機会が増えたためか、最近では他のメンバーたちも事前評価を頻繁に行うようになり、部内で仕事への取り組みが少しずつ変わっていると感じています。
 

脱・「三逆リーダー」
新着 記事・お知らせ
  • 2022.06.28        

    「心の報酬」ぞ、如何に
     ――「新資本主義」に問う(2)...

  • 2022.06.02        

    「道具力」の再構築に終わってしまわないか
     ――「新資本主義」に問う(1)...

  • 2022.05.31        

    組織革新研究会の7月会期での感染症対策...

  • 2021.12.02        

    『あなたの会社はなぜ「メンタル不調」者を量産してるの』発刊記念講演会が開催されま...

  • 2021.11.01        

    新著発刊のご案内

  • 研究会へのお申込み
  • デイリーメール 登録・変更
  • 組革研スケデュール
  • 組革研アーカイブ
パンフレット・発行物のご案内
  • 対談 あなたの会社はなぜ『メンタル不調』者を量産してるの

    著者:藤田英夫・𠮷野 聡 発行:シンポジオン 発売:三省堂書店/創英社


  • 脱「三逆リーダー」

    藤田 英夫 (著) 発行:ダイヤモンド社 発売:ダイヤモンド社


  • 「個全システム」によるミーティング革新

    藤田 英夫 (著) 発行:ダイヤモンド社 発売:ダイヤモンド社


  • 不感症体質に挑む「人間力」全員経営

    藤田 英夫 (編) 発行:シンポジオン 発売:創英社/三省堂書店


  • 経営の創造

    藤田 英夫 (編) 発行:シンポジオン 発売:創英社/三省堂書店


  • 第3の組織論

    小林 茂 (著) 発行:シンポジオン 発売:創英社/三省堂書店


  • 人間力をフリーズさせているものの正体

    藤田 英夫 (著) 発行:シンポジオン 発売:創英社/三省堂書店


  • 人間力―そこにどう火を点けるか

    藤田 英夫 (著) NTT出版


  • 人を人として―指示待ち人間を目覚めさせるもの

    藤田 英夫 (著) PHP研究所


  • 「状況」が人を動かす―管理からリードへ

    藤田 英夫 (著) 毎日新聞社


ページの先頭へ

組織革新研究会について

組織革新研究会の5日間