参加リポート/現場から

部下に最後までやり遂げさせる

投票する

「いいな」と思われたら押してください。

上村龍嗣 アンリツエンジニアリング・プロトコルシステム技術部 〔第472回/2013年7月会期参加〕  NO.250

 組革研の1日目、「S-20」のわからないことを書き出すという課題で、とても無理だと思える高い目標を設定してしまいました。そのときは「できなくても仕方ない」と軽く考えていたのですが、リーダーの表情からは「決して許さない」という強い意志が感じられました。何としてでも達成しなければと必死になり、ついに達成できたのです。
 目標を高く設定していなければこれほどの力を出すことはできなかったと感じ、後日キャンパスリーダーから聞いた「問題に直面することで人間力が発揮される」という話に納得しました。
 職場ではソフトウェア開発のプロジェクトリーダーをしています。納期に間に合わせるため、常に事細かく具体的な指示を出し、進捗が悪くなればスキルがより高いメンバーに作業を移行していました。
 私は、組革研で聞いた話のとおり、メンバーを問題に直面させず、道具のように扱っていたのです。メンバーが本来の力を出せるようにしなくてはと考えました。
 その後、作業のすすめかたを指示するのではなく自分で作業計画を立てさせるように変え、問題があると思えば「どう考えているか」と質問して自分で考えさせました。
 また、進捗が悪くなっても、一人で最後まで仕上げてもらうとはっきり伝え、納期に間に合わせるためにどうするか問いかけました。
 ある案件について、途中で担当者を変えずに最後までやらせたときのことです。私はやはり納期のことが心配でしたが、彼は毎日遅くまで残業して何とか間に合わせたのです。そして「最後まで自分でやり遂げたことで達成感を感じられた」と話してくれました。

脱・「三逆リーダー」
新着 記事・お知らせ
  • 2020.09.18        

    間違っていなかった

  • 2020.09.15        

    新人の頃のがむしゃらさを再び…...

  • 2020.09.11        

    どうにも手強い自分がいます
    ――部下を仕事の主人公に(後編)...

  • 2020.09.08        

    主体性を奪っていた
    ――部下を仕事の主人公に(前編)...

  • 2020.09.04        

    危険箇所を「絵」で書き出させると……...

  • 研究会へのお申込み
  • デイリーメール 登録・変更
  • 組革研スケデュール
  • 組革研アーカイブ
パンフレット・発行物のご案内
  • 脱「三逆リーダー」

    藤田 英夫 (著) 発行:ダイヤモンド社 発売:ダイヤモンド社


  • 「個全システム」によるミーティング革新

    藤田 英夫 (著) 発行:ダイヤモンド社 発売:ダイヤモンド社


  • 不感症体質に挑む「人間力」全員経営

    藤田 英夫 (編) 発行:シンポジオン 発売:創英社/三省堂書店


  • 経営の創造

    藤田 英夫 (編) 発行:シンポジオン 発売:創英社/三省堂書店


  • 第3の組織論

    小林 茂 (著) 発行:シンポジオン 発売:創英社/三省堂書店


  • 人間力をフリーズさせているものの正体

    藤田 英夫 (著) 発行:シンポジオン 発売:創英社/三省堂書店


  • 人間力―そこにどう火を点けるか

    藤田 英夫 (著) NTT出版


  • 人を人として―指示待ち人間を目覚めさせるもの

    藤田 英夫 (著) PHP研究所


  • 「状況」が人を動かす―管理からリードへ

    藤田 英夫 (著) 毎日新聞社


ページの先頭へ

組織革新研究会について

組織革新研究会の5日間