参加リポート/現場から

作業現場から管理部門としてできることを考える

投票する

「いいな」と思われたら押してください。

山口浩司 交通建設・取締役経理部長 〔第473回/2013年9月会期参加〕  NO.242

 私どもの会社では線路の修繕工事を業務の柱としており、第一線で多くの社員が昼夜を問わず輸送の安全のために働いています。その中で、私たち管理部門の使命は、現場が少しでも業務をしやすくなるよう環境を整えることだと考えています。
 以前、現場担当者の要望に基づき、仕入れに関する約束事の書面化を会議に提案しました。しかし、転籍後間もなかった私は社内の実状に合う内容にすることができず、採用されませんでした。
 転籍前の会社で30年培った自分の物差しが、新しい職場で通用しなかったことにショックを受けました。そして、組革研で体験したようにまず「対象」に目を向けなくてはいけないと考えたのです。
 まず、会社を支えている現場を知ることから始めました。作業現場に積極的に出向き、どんな仕事をしているのか、どんな苦労があるのか、直接肌で感じるようにしました。また現場の社員と話をして、管理部門として何ができるのかヒントを探しました。
 その結果「報告書類の期限は現場の状況を見て設定してほしい」とか「現場から各部署への報告には無駄な重複が多すぎる」といった声が聞こえてきたのです。
 現場のための管理部門であるべきなのに、「対象」である現場を知らずに負担を強いている実態があるのだと改めて認識しました。
 まだ具体的な成果は出ていません。しかし、組革研でキャンパスリーダーの言葉の端々から感じた「これからの時代を我われが変えていくのだ」という気概をもって、現場に役立てるようこれからも「現場を知る」を続けていきます。

脱・「三逆リーダー」
新着 記事・お知らせ
  • 2020.09.18        

    間違っていなかった

  • 2020.09.15        

    新人の頃のがむしゃらさを再び…...

  • 2020.09.11        

    どうにも手強い自分がいます
    ――部下を仕事の主人公に(後編)...

  • 2020.09.08        

    主体性を奪っていた
    ――部下を仕事の主人公に(前編)...

  • 2020.09.04        

    危険箇所を「絵」で書き出させると……...

  • 研究会へのお申込み
  • デイリーメール 登録・変更
  • 組革研スケデュール
  • 組革研アーカイブ
パンフレット・発行物のご案内
  • 脱「三逆リーダー」

    藤田 英夫 (著) 発行:ダイヤモンド社 発売:ダイヤモンド社


  • 「個全システム」によるミーティング革新

    藤田 英夫 (著) 発行:ダイヤモンド社 発売:ダイヤモンド社


  • 不感症体質に挑む「人間力」全員経営

    藤田 英夫 (編) 発行:シンポジオン 発売:創英社/三省堂書店


  • 経営の創造

    藤田 英夫 (編) 発行:シンポジオン 発売:創英社/三省堂書店


  • 第3の組織論

    小林 茂 (著) 発行:シンポジオン 発売:創英社/三省堂書店


  • 人間力をフリーズさせているものの正体

    藤田 英夫 (著) 発行:シンポジオン 発売:創英社/三省堂書店


  • 人間力―そこにどう火を点けるか

    藤田 英夫 (著) NTT出版


  • 人を人として―指示待ち人間を目覚めさせるもの

    藤田 英夫 (著) PHP研究所


  • 「状況」が人を動かす―管理からリードへ

    藤田 英夫 (著) 毎日新聞社


ページの先頭へ

組織革新研究会について

組織革新研究会の5日間