参加リポート/現場から

間違った指示だと思っても、部下はそのまま作業していた

投票する

「いいな」と思われたら押してください。

五輪友紀 アンリツエンジニアリング・プロトコルシステム技術部 〔第472回/2013年7月会期参加〕  NO.236

 ソフトウェアの開発業務をしています。
 部下は協力会社から派遣されてきており、私の方がわかっているだろうと考えて事細かに指示を出していました。個々の案件について私が仕様を調べてすすめかたまで考えるため、指示するより自分でやる方が速いのではと思うこともよくありました。
 やることは総て説明したから必要ないだろうと、案件の背景については話しませんでした。ところがある日、部下に間違いを指摘したら「指示のとおりにしただけです」と言い返されてしまいました。彼は指示が間違っていることに気づいていながら、そのまま作業をすすめていたのです。
 そんなとき、組革研で「ロボット症」の話を聞きハッとさせられました。私は、指示がなければ部下は何もしないと思ってきましたが、逆に、細かく指示を出すことで考える力を奪っていたのです。
 職場に戻り、まずは設計資料をそのまま部下に渡しました。自分で必要なことを調べてほしいと期待したのです。質問されたときは、様子を見て最小限の回答をしました。
 部下の検討結果がおかしいと感じたら、ただ指摘するのではなく、どういう過程でそういう結論を導いたのか、途中に勘違いなどなかったか対話しながら確認するようにしています。
 部下も最初はかなり不安そうでしたが、最近は課題についての理解が深まっているなと感じられるようになりました。私が考えたものより効率のいい提案をしてくることもあり、この時は部下の案を採用しました。
 まだ任せてみたというだけですが、部下にやり切ってほしいという思いで、自分と闘いながら続けています。

脱・「三逆リーダー」
新着 記事・お知らせ
  • 2020.09.18        

    間違っていなかった

  • 2020.09.15        

    新人の頃のがむしゃらさを再び…...

  • 2020.09.11        

    どうにも手強い自分がいます
    ――部下を仕事の主人公に(後編)...

  • 2020.09.08        

    主体性を奪っていた
    ――部下を仕事の主人公に(前編)...

  • 2020.09.04        

    危険箇所を「絵」で書き出させると……...

  • 研究会へのお申込み
  • デイリーメール 登録・変更
  • 組革研スケデュール
  • 組革研アーカイブ
パンフレット・発行物のご案内
  • 脱「三逆リーダー」

    藤田 英夫 (著) 発行:ダイヤモンド社 発売:ダイヤモンド社


  • 「個全システム」によるミーティング革新

    藤田 英夫 (著) 発行:ダイヤモンド社 発売:ダイヤモンド社


  • 不感症体質に挑む「人間力」全員経営

    藤田 英夫 (編) 発行:シンポジオン 発売:創英社/三省堂書店


  • 経営の創造

    藤田 英夫 (編) 発行:シンポジオン 発売:創英社/三省堂書店


  • 第3の組織論

    小林 茂 (著) 発行:シンポジオン 発売:創英社/三省堂書店


  • 人間力をフリーズさせているものの正体

    藤田 英夫 (著) 発行:シンポジオン 発売:創英社/三省堂書店


  • 人間力―そこにどう火を点けるか

    藤田 英夫 (著) NTT出版


  • 人を人として―指示待ち人間を目覚めさせるもの

    藤田 英夫 (著) PHP研究所


  • 「状況」が人を動かす―管理からリードへ

    藤田 英夫 (著) 毎日新聞社


ページの先頭へ

組織革新研究会について

組織革新研究会の5日間