参加リポート/現場から

「負けてたまるか!」と熱いものが湧いてきた

投票する

「いいな」と思われたら押してください。

原岡辰也 生活協同組合コープやまぐち・人事教育グループ・教育担当マネジャー 〔第472回/2013年7月会期参加〕  NO.231

 なぜ理不尽な課題ばかりを次から次へと出してくるのか、と不満ばかりが頭をめぐりました。組革研1日目の夜です。しかしその後、無理と思えた課題をクリアしていくチームの仲間や易きを許さないリーダーの姿勢に「負けてたまるか!」と熱いものが湧き上がってきました。
 そして職場での自分を振り返ると、私は組織全体の教育担当であるにもかかわらず、教育の対象である職員の状態をろくに知らずに研修を行っていたのだと痛感させられました。
 組革研から戻り、まずは対象を知ろうと宅配事業の現場に行きました。所長が最前線の職員たちに、そして職員がお客様である組合員さんにどう対応しているかを、配送車に同乗してつぶさに見聞きしました。
 すると、今まで見えなかった組織の状態が浮かび上がってきたのです。組革研で言う「ロボット症」が深刻でした。所長は組合員さんのためにと部下に事細かに指示を出しているのです。「この商品はこうやって勧めなさい」「今日の目標達成のために〇〇をしなさい」など組織の都合優先でした。その結果、職員は組合員さんの生活や状況に対する関心が薄くなり、対象が上司や組織へと変わってしまっているのです。
 できることは何かと考え、まず研修のすすめかたを変えました。以前はテキストをわかりやすく解説すればいいと思っていましたが、「なぜ」「どうなっているのか」と皆で考えるようにしました。時間は1.5倍くらいかかりますが、理解度は上がっていると思います。さらに、これまで事業部が担っていた現場の研修を、自分の目で見た実態を元に起案し直しています。
 まだ着手したばかりですが、根っこから組織を変えるきっかけにできればと模索しています。

脱・「三逆リーダー」
新着 記事・お知らせ
  • 2020.10.30        

    「一緒にチャレンジしてくれませんか」...

  • 2020.10.27        

    「まだまだ減らせるぞ」

  • 2020.10.23        

    指示出し魔に戻っていた

  • 2020.10.20        

    「苦手」が「興味」に

  • 2020.10.16        

    お客様にとってどうかを「評価基準」に...

  • 研究会へのお申込み
  • デイリーメール 登録・変更
  • 組革研スケデュール
  • 組革研アーカイブ
パンフレット・発行物のご案内
  • 脱「三逆リーダー」

    藤田 英夫 (著) 発行:ダイヤモンド社 発売:ダイヤモンド社


  • 「個全システム」によるミーティング革新

    藤田 英夫 (著) 発行:ダイヤモンド社 発売:ダイヤモンド社


  • 不感症体質に挑む「人間力」全員経営

    藤田 英夫 (編) 発行:シンポジオン 発売:創英社/三省堂書店


  • 経営の創造

    藤田 英夫 (編) 発行:シンポジオン 発売:創英社/三省堂書店


  • 第3の組織論

    小林 茂 (著) 発行:シンポジオン 発売:創英社/三省堂書店


  • 人間力をフリーズさせているものの正体

    藤田 英夫 (著) 発行:シンポジオン 発売:創英社/三省堂書店


  • 人間力―そこにどう火を点けるか

    藤田 英夫 (著) NTT出版


  • 人を人として―指示待ち人間を目覚めさせるもの

    藤田 英夫 (著) PHP研究所


  • 「状況」が人を動かす―管理からリードへ

    藤田 英夫 (著) 毎日新聞社


ページの先頭へ

組織革新研究会について

組織革新研究会の5日間