参加リポート/現場から

その仕事が何のためにあるのか考えていなかった

投票する

「いいな」と思われたら押してください。

奥村陽介 東日本旅客鉄道・技術企画部・企画グループ 〔第472回/2013年7月会期参加〕  NO.229

 私は、研究開発部門とその成果を導入する各主管部の連携を図り深めていく業務を行っています。
 昨年、連携のための意見交換会を開催するにあたり、関係者の打ち合わせを行いました。しかし、話をうまくまとめられず収拾のつかない状態になってしまいました。私は会の意義を深く考えることもなく、上司に言われたことをそのまま伝えていただけでした。期限までに早く終わらせるため、前例を踏襲してなるべく同じ内容ですすめようとしていたのです。
 組革研に参加したときのことでした。「S-20」が対象なのに「これは正確にできているのか」という質問を自信満々で提出したところ、キャンパスリーダーから「対象は絶対存在なのに疑ってどうする。あなたは神様なのか」と言われショックを受けました。そして、自分が対象を見ようとしていなかったことに気づかされたのです。
 昨年の失敗も、何のための意見交換会なのか、どうすすめれば技術開発の推進になるのか考えずに自分の都合ですすめていた結果だったのだと思い知らされました。
 職場に戻りキーマンとなる人に徹底的にヒアリングをして、意見交換会の役割と、どのようなすすめかたがベストなのかを考え直しました。
 その結果、各部門からのニーズを議題にしてポイントを絞り、それに伴って招集する部門も数を絞るなど、過去に囚われることなく自分なりに工夫しながら準備をすすめています。
 昨年は大きな失敗をして、正直言って業務から逃げ出したいという気持ちでしたが、今は意見交換会だけでなく新しい企画の起案にもわくわくした気持ちで取り組んでいます。

脱・「三逆リーダー」
新着 記事・お知らせ
  • 2020.09.18        

    間違っていなかった

  • 2020.09.15        

    新人の頃のがむしゃらさを再び…...

  • 2020.09.11        

    どうにも手強い自分がいます
    ――部下を仕事の主人公に(後編)...

  • 2020.09.08        

    主体性を奪っていた
    ――部下を仕事の主人公に(前編)...

  • 2020.09.04        

    危険箇所を「絵」で書き出させると……...

  • 研究会へのお申込み
  • デイリーメール 登録・変更
  • 組革研スケデュール
  • 組革研アーカイブ
パンフレット・発行物のご案内
  • 脱「三逆リーダー」

    藤田 英夫 (著) 発行:ダイヤモンド社 発売:ダイヤモンド社


  • 「個全システム」によるミーティング革新

    藤田 英夫 (著) 発行:ダイヤモンド社 発売:ダイヤモンド社


  • 不感症体質に挑む「人間力」全員経営

    藤田 英夫 (編) 発行:シンポジオン 発売:創英社/三省堂書店


  • 経営の創造

    藤田 英夫 (編) 発行:シンポジオン 発売:創英社/三省堂書店


  • 第3の組織論

    小林 茂 (著) 発行:シンポジオン 発売:創英社/三省堂書店


  • 人間力をフリーズさせているものの正体

    藤田 英夫 (著) 発行:シンポジオン 発売:創英社/三省堂書店


  • 人間力―そこにどう火を点けるか

    藤田 英夫 (著) NTT出版


  • 人を人として―指示待ち人間を目覚めさせるもの

    藤田 英夫 (著) PHP研究所


  • 「状況」が人を動かす―管理からリードへ

    藤田 英夫 (著) 毎日新聞社


ページの先頭へ

組織革新研究会について

組織革新研究会の5日間