参加リポート/現場から

「こんなものだ」から脱け出す

投票する

「いいな」と思われたら押してください。

宮澤賢 三井造船・エンジニアリング事業本部・情報システム部主管 〔第471回/2013年5月会期参加〕  NO.203

 組革研初日の「S-20」でゴールできずチームも最下位。何としても業績を上げねばならない状況でしたが、「こんなものだろう」という感覚がなかなか抜けません。現地現物での調査を極力減らそうとして、「S-20」を解明しきれなかったことが心残りになりました。
 振り返ると、職場でも「こんなものだ」でやってきたのかもしれません。夜になれば仕事が残っていても「効率が落ちる」と早々に帰宅、自分の担当範囲から外れていることは他人任せにしていました。
 部下もそうなのだと思っていました。だから嫌な思いをさせまいと「これがわからないだろう、あれが必要だろう」と世話を焼いていました。トラブル時には対処法を私が考え、担当した部下が困らないようにしました。部下を問題に直面させず、考える機会を奪っていたのです。
 組革研から戻り「こんなものだ」を止めようと思いました。毎晩、自分が限界までやったか自問し、だめなら翌日やり直します。担当外だからと避けてきたことにも取り組むようにしました。仕事量が格段に増えましたが、自分が限界に挑むための環境と考え、苦痛には感じません。
 部下に対しては、「とにかくこの通りやって」と指示していたのを「ユーザーがこのようにデータを見られるようにしたい」と目標を伝えるようにしました。トラブル時には、担当した部下に「なぜこうしたのか」「これでユーザーが使えるのか」と確認するようにしました。
 しかし、部下と問題を共有しようとしても、責任の押し付けと受け止める者もいます。担当したシステムの稼動確認をしない部下には「言われなかったから」と返されもしました。自分が限界に挑む姿を見せれば部下も変わると思っていましたが、まだまだ試行錯誤が必要なようです。

脱・「三逆リーダー」
新着 記事・お知らせ
  • 2020.07.10        

    やっと少し変わってきた
    ――今度こそやり抜く(後編)...

  • 2020.07.07        

    自分の弱さと職場で向き合う
    ――今度こそやり抜く(前編)...

  • 2020.07.04        

    満足して終わる日はなくなった...

  • 2020.06.30        

    トライ&エラーをくり返していく...

  • 2020.06.26        

    危機感の無さと闘っていく

  • 研究会へのお申込み
  • デイリーメール 登録・変更
  • 組革研スケデュール
  • 組革研アーカイブ
パンフレット・発行物のご案内
  • 脱「三逆リーダー」

    藤田 英夫 (著) 発行:ダイヤモンド社 発売:ダイヤモンド社


  • 「個全システム」によるミーティング革新

    藤田 英夫 (著) 発行:ダイヤモンド社 発売:ダイヤモンド社


  • 不感症体質に挑む「人間力」全員経営

    藤田 英夫 (編) 発行:シンポジオン 発売:創英社/三省堂書店


  • 経営の創造

    藤田 英夫 (編) 発行:シンポジオン 発売:創英社/三省堂書店


  • 第3の組織論

    小林 茂 (著) 発行:シンポジオン 発売:創英社/三省堂書店


  • 人間力をフリーズさせているものの正体

    藤田 英夫 (著) 発行:シンポジオン 発売:創英社/三省堂書店


  • 人間力―そこにどう火を点けるか

    藤田 英夫 (著) NTT出版


  • 人を人として―指示待ち人間を目覚めさせるもの

    藤田 英夫 (著) PHP研究所


  • 「状況」が人を動かす―管理からリードへ

    藤田 英夫 (著) 毎日新聞社


ページの先頭へ

組織革新研究会について

組織革新研究会の5日間