参加リポート/現場から

求められていることを自分勝手に解釈していた

投票する

「いいな」と思われたら押してください。

細川喜輝 横河電子機器・盛岡技術部係長 〔第471回/2013年5月会期参加〕  NO.202

細川さん320.png 「S-20」を解明できたと思ったのに、ゴールはできませんでした。思い返すと、調査で深夜のコースを走り回っても、調べたいことだけを調べていました。対象を自分勝手に見ていたのです。
 職場では製品開発を担当しています。開発にあたり、企画部門などからの要求仕様書をもとに製品仕様を作成します。これまで私は、要求仕様書にわからないことがあっても質問せず、知りたいことしか調べませんでした。「S-20」のときと同じで都合よく解釈していたのです。
 要求仕様書とのズレが生じ、開発の後半、ひどいときには顧客への納入後に仕様変更になることがありました。私は自分のことを棚に上げ「変更があったのだから遅れても仕方ない」とさえ考えていました。
 結果として私の作業は慢性的に納期遅れの状態になっていました。採算が悪くなり、上司が計画した開発を実行できないなど、部内の開発計画に悪影響を与えていたのです。
 組革研参加後、要求仕様書のわからないことを書き出し、全てがわかるまで調査をするようにしました。一人よがりにならないよう部下と自分が各々で行い、それをもとに議論しました。
 このようなすすめかたで、部下も私も要求仕様書への理解が深まったと感じています。自分が漏らした部分を部下にフォローされることもあり、自分の気抜けに気づかされるとともに部下の成長も感じます。
 まだ上司からは「せっかく組革研に行ったのに、対象の理解が足りない、掘り下げが浅い」と指摘されることもありますが、製品仕様のレビュー時には、以前よりも自信を持って質問に答えられるようになってきていると感じています。

脱・「三逆リーダー」
新着 記事・お知らせ
  • 2020.06.02        

    後戻りはしません

  • 2020.05.29        

    「もっと」をどん欲に

  • 2020.05.26        

    自分を変えるため、自分の動きをどんどん変えていく...

  • 2020.05.22        

    見て見ぬふりをする自分に気づく...

  • 2020.05.19        

    同じにやっても結果は真逆

  • 研究会へのお申込み
  • デイリーメール 登録・変更
  • 組革研スケデュール
  • 組革研アーカイブ
パンフレット・発行物のご案内
  • 脱「三逆リーダー」

    藤田 英夫 (著) 発行:ダイヤモンド社 発売:ダイヤモンド社


  • 「個全システム」によるミーティング革新

    藤田 英夫 (著) 発行:ダイヤモンド社 発売:ダイヤモンド社


  • 不感症体質に挑む「人間力」全員経営

    藤田 英夫 (編) 発行:シンポジオン 発売:創英社/三省堂書店


  • 経営の創造

    藤田 英夫 (編) 発行:シンポジオン 発売:創英社/三省堂書店


  • 第3の組織論

    小林 茂 (著) 発行:シンポジオン 発売:創英社/三省堂書店


  • 人間力をフリーズさせているものの正体

    藤田 英夫 (著) 発行:シンポジオン 発売:創英社/三省堂書店


  • 人間力―そこにどう火を点けるか

    藤田 英夫 (著) NTT出版


  • 人を人として―指示待ち人間を目覚めさせるもの

    藤田 英夫 (著) PHP研究所


  • 「状況」が人を動かす―管理からリードへ

    藤田 英夫 (著) 毎日新聞社


ページの先頭へ

組織革新研究会について

組織革新研究会の5日間