参加リポート/現場から

「悔しい」「やりきった」と感情がこみ上げた

投票する

「いいな」と思われたら押してください。

佐藤慎二 ブリヂストン・グローバル生産企画本部・生産財サプライプランニングユニット 〔第469回/2013年2月会期参加〕  NO.193

 「やっぱりな」と思いました。組革研で日を追うごとに自分の仕事に対する姿勢があらわになっていったのです。納期を気にせず間近になってやっと腰を上げる。自分で立てた目標を達成できなくても気にしない。議論では他人任せで発言せず、自分の意見を貫かない。これまで漠然と問題に感じながら、見ぬふりをしてきたことばかりでした。
 一方「S-20」ではゴール後に「悔しい」「やりきった」などの感情がこみ上げました。普段の仕事では体験したことのない感覚でした。帰り道「何かを変えなければ」と考えていました。
 職場では予算業務の時期が迫っていました。私の仕事は本部のタイヤ販売計画から工場ごとの生産計画を作ることですが、これまでは上司の言う通りにすすめてきました。わからないことも調べたりせず、わかったふりで結論だけ合わせていました。自分の意見はありません。
 今回は自分の仕事にしなければと思いました。事前案の作成にあたり、安易に相談せず、独力で調べ考えをまとめました。また、これまで1つの案で済ませていたところを3案用意してプレゼンに臨みました。
 当日はやる気の姿勢を前面に出し、指摘に対して反論もできましたが、3案とも評価は高くありませんでした。振り返ると、販売計画や工場の生産能力について分析が足りなかったのだと思います。組革研で嫌というほど体験した「対象」をよく見ていませんでした。
 しかし、プレゼン後に「S-20」をやり終えたときのような感情が少し湧いてきました。以前の自分とは違って、本気で取り組めたということなのかもしれません。自分をどう変えていくかまだまだ模索中ですが、最初の一歩を踏み出せたと思っています。

脱・「三逆リーダー」
新着 記事・お知らせ
  • 2020.06.02        

    後戻りはしません

  • 2020.05.29        

    「もっと」をどん欲に

  • 2020.05.26        

    自分を変えるため、自分の動きをどんどん変えていく...

  • 2020.05.22        

    見て見ぬふりをする自分に気づく...

  • 2020.05.19        

    同じにやっても結果は真逆

  • 研究会へのお申込み
  • デイリーメール 登録・変更
  • 組革研スケデュール
  • 組革研アーカイブ
パンフレット・発行物のご案内
  • 脱「三逆リーダー」

    藤田 英夫 (著) 発行:ダイヤモンド社 発売:ダイヤモンド社


  • 「個全システム」によるミーティング革新

    藤田 英夫 (著) 発行:ダイヤモンド社 発売:ダイヤモンド社


  • 不感症体質に挑む「人間力」全員経営

    藤田 英夫 (編) 発行:シンポジオン 発売:創英社/三省堂書店


  • 経営の創造

    藤田 英夫 (編) 発行:シンポジオン 発売:創英社/三省堂書店


  • 第3の組織論

    小林 茂 (著) 発行:シンポジオン 発売:創英社/三省堂書店


  • 人間力をフリーズさせているものの正体

    藤田 英夫 (著) 発行:シンポジオン 発売:創英社/三省堂書店


  • 人間力―そこにどう火を点けるか

    藤田 英夫 (著) NTT出版


  • 人を人として―指示待ち人間を目覚めさせるもの

    藤田 英夫 (著) PHP研究所


  • 「状況」が人を動かす―管理からリードへ

    藤田 英夫 (著) 毎日新聞社


ページの先頭へ

組織革新研究会について

組織革新研究会の5日間