参加リポート/現場から

愚痴ばかりだった部下たちが
――「対象」について少しわかってみると(後編)

投票する

「いいな」と思われたら押してください。

竹内和也 55歳 住友ゴム工業 技術企画部 職長 〔第455回/2011年7月会期参加〕 NO.1830

1495takeuchiHP.jpg 入荷量が増えると元に戻るの繰り返し、目の前片付いただけに満足しているのか、それ以上は進みません。
 そこで、迷いながらも、部下に「倉庫管理の能率アップ」を考えさせました。ですが彼らは、入庫量の多い時どうするかなど、自分たちが目の前困っていることへの「対応」だけにしか目がいかないのです。
 どうしたら「対象」に目を向けさせることができるだろうか。出した課題は、「『入荷の仕組みはどうなっているか』を明らかにする」、そのために「入荷の『わからないこと』を書き出す」でした。
 ところが「対応」の数個しか出てきません。そこで何度か繰り返していくうちに、ようやく入荷の仕組みについての「わからないこと」がたくさん出てきました。それを「一覧一望」していく。すると部下たちは、試作タイヤの入荷に関係する事業方針や工場の生産量などについて全くわかっていないことにようやく気付きはじめました。
 彼らは生産データを調べたり、生産計画書を取り寄せては調査したり、するといくつかの入荷、つまり「対象」の仕組みが見えてきたのです。例えば、○○工場の製品タイヤの生産量とその試作品の比率や入荷日程などです。これがわかれば大量入荷しても倉庫の事前準備ができ、通路に溢れることはありません。明らかになったことから新たな管理の仕組みを作り出していきました。
 「どうしてこんなに入ってくるんだ、止めてくれ」の愚痴ばかりだった部下たちが、今では「来週は大量入荷があるぞ、忙しくなってくるな」などと言いはじめています。倉庫の作業時間は半減しました。
 社内表彰を受け、彼らは自信を持って進めているかのようです。

脱・「三逆リーダー」
新着 記事・お知らせ
  • 2021.09.14        

    心胆を寒からしめる「人間変異」
       ――「自然変異」と「人間変異」・①2...

  • 2021.07.07        

    「搾取」論と「人を道具として」論...

  • 2021.06.18        

    と、考えているうちにどんでん返し...

  • 2021.06.15        

    ふと気がついたら、職場がきれいに...

  • 2021.06.11        

    今では彼らから誘われて
    ――彼らは動いた(後編)――...

  • 研究会へのお申込み
  • デイリーメール 登録・変更
  • 組革研スケデュール
  • 組革研アーカイブ
パンフレット・発行物のご案内
  • 脱「三逆リーダー」

    藤田 英夫 (著) 発行:ダイヤモンド社 発売:ダイヤモンド社


  • 「個全システム」によるミーティング革新

    藤田 英夫 (著) 発行:ダイヤモンド社 発売:ダイヤモンド社


  • 不感症体質に挑む「人間力」全員経営

    藤田 英夫 (編) 発行:シンポジオン 発売:創英社/三省堂書店


  • 経営の創造

    藤田 英夫 (編) 発行:シンポジオン 発売:創英社/三省堂書店


  • 第3の組織論

    小林 茂 (著) 発行:シンポジオン 発売:創英社/三省堂書店


  • 人間力をフリーズさせているものの正体

    藤田 英夫 (著) 発行:シンポジオン 発売:創英社/三省堂書店


  • 人間力―そこにどう火を点けるか

    藤田 英夫 (著) NTT出版


  • 人を人として―指示待ち人間を目覚めさせるもの

    藤田 英夫 (著) PHP研究所


  • 「状況」が人を動かす―管理からリードへ

    藤田 英夫 (著) 毎日新聞社


ページの先頭へ

組織革新研究会について

組織革新研究会の5日間