参加リポート/現場から

けんか腰で迫ったり、腹をわって話したり

投票する

「いいな」と思われたら押してください。

佐賀尚人 53歳 マツダ 商品本部 副本部長 〔第487回/2015年6月会期参加〕 NO.1808 

 新車開発のプロジェクトリーダーを任されて3年半が経ちました。私の役割は、企画、開発から販売に至るまでの部署をとりまとめ、それぞれが持ち場で力を発揮できるようにすることです。
 仕事のすすめ方を標準化したものを「プロセス」と呼び、それは部門ごとに違い、それに基づいて動いています。しかし、長年見直していないため、世の中のスピードに合わず、各部はそれを指摘しても慣れ親しんできた「プ ロセス」をなかなか変えようとはしません。
 例えば「どうしてこの日程を短縮できないのか」と聞くと、そのメンバーは「部門の『プロセス』だから無理です」の答えしかないのです。
 新車を作るプロジェクトは、各部門の「プロセス」との闘い、この「プロセス」を調整したり、壊したりするのが私の仕事です。
 週1度の部門代表者会議の主なテーマは納期のスピード問題。「〇〇開発の日程を短くしよう」と意見が一致しても、各部門の立場に立った途端「我が部門では目いっぱいなので・・・・・・」と他人事になってしまうのです。
 我慢できず「〇〇日までに仕上げる」とトップダウンしたことがあります。部門代表は仕方なく持ち帰りますが、納期遅れが発生すると、「最初から無茶苦茶な指示だ」などと言い訳材料にされるだけで、何も変わりません。
 部門代表に「どうやったら納期短縮できるか」の案を出させてみました。それらを見るとやはり旧態依然。問うてみると、またまた「部の『プロセス』 なのでどんなに急いでも3日は・・・・・・」。「本当に3日間かかるのか」とけんか腰で迫ることもあり、時には腹をわって話すこともありで、やっと本気で考えたなと思われる案に至る始末。中には私が思っていた以上のものもありますが、この闘いはずっと続くのか・・・・・・?

脱・「三逆リーダー」
新着 記事・お知らせ
  • 2021.04.16        

    不安の中で、それでも自分で。...

  • 2021.04.13        

    上司に言われても絶対に曲げません。...

  • 2021.04.09        

    やっと動きはしたが……。

  • 2021.04.06        

    やっと私の出る幕はなくなりました。...

  • 2021.04.02        

    教わるだけじゃダメだ。自分で・・・・・・。...

  • 研究会へのお申込み
  • デイリーメール 登録・変更
  • 組革研スケデュール
  • 組革研アーカイブ
パンフレット・発行物のご案内
  • 脱「三逆リーダー」

    藤田 英夫 (著) 発行:ダイヤモンド社 発売:ダイヤモンド社


  • 「個全システム」によるミーティング革新

    藤田 英夫 (著) 発行:ダイヤモンド社 発売:ダイヤモンド社


  • 不感症体質に挑む「人間力」全員経営

    藤田 英夫 (編) 発行:シンポジオン 発売:創英社/三省堂書店


  • 経営の創造

    藤田 英夫 (編) 発行:シンポジオン 発売:創英社/三省堂書店


  • 第3の組織論

    小林 茂 (著) 発行:シンポジオン 発売:創英社/三省堂書店


  • 人間力をフリーズさせているものの正体

    藤田 英夫 (著) 発行:シンポジオン 発売:創英社/三省堂書店


  • 人間力―そこにどう火を点けるか

    藤田 英夫 (著) NTT出版


  • 人を人として―指示待ち人間を目覚めさせるもの

    藤田 英夫 (著) PHP研究所


  • 「状況」が人を動かす―管理からリードへ

    藤田 英夫 (著) 毎日新聞社


ページの先頭へ

組織革新研究会について

組織革新研究会の5日間