参加リポート/現場から

「諦めたらお終い」が共有できた

投票する

「いいな」と思われたら押してください。

村上 匡 39歳 日本製鉄 九州製鉄所 設備計画室 大分地区 主幹 〔第501回/2017年2月会期参加〕 NO.1800

1315murakamiHP.jpg  私の今の業務は、大分事業所の各部署の設備計画書を審査して決済部門に予算申請することです。
 審査の基準は投資内容の合理性です。しかし私は、現場長を長くやっていたこともあり、現場が強く欲し、将来力となる潜在性を感じるものは何としてでも予算を通したいという思いを持っていました。
 そんな中で、経営環境の変化から決済部門に待ったを掛けられることが増え、この1~2年は以前の数割しか通りません。こうした状況下では、これまでの私だったら、それで諦めていたと思います。
 しかし私は「組革研」体験から「諦めたらお終い、こだわり続ければ必ず結果につながる」と確信していたので、私がやるべきだと判断した案件は、ここは譲れないと粘ることにしました。
 こんな思いの私に対して、計画立案部署は決裁審議には関心が低い。私は予算を削ってでも通したいとの思いから、彼らに「ここまでの仕様が必要?」と迫っても「それは譲れない、俺たちの責任じゃない。決済部門が認めないなら仕方ない」と他人事です。私は「あなた達が本気にならないと計画は一つも通らないよ」言い続けるしかありませんでした。
 承認が得られない事案が増えてくるとともに、彼らも徐々に変化してきました。ある時、決済部門から高いハードルの変更指示がありました。私は「来週までに仕様を見直さなければ予算は通らない。できないと言ったらお終いだ」と迫ると「徹夜してでもやるしかないな」とやっと変更に取り掛かり、なんとかクリアできました。
 その後もこうしたやり取りが続いています。最近では「諦めたらお終い」がプロジェクトメンバーと共有できていると感じます。

脱・「三逆リーダー」
新着 記事・お知らせ
  • 2021.03.09        

    けんか腰で迫ったり、腹をわって話したり...

  • 2021.03.05        

    アドバイスを封印してみると

  • 2021.03.02        

    ネットで「個全システム」を

  • 2021.02.26        

    再三再四の突き返し努力

  • 2021.02.24        

    上っ面を撫でているだけなのか ...

  • 研究会へのお申込み
  • デイリーメール 登録・変更
  • 組革研スケデュール
  • 組革研アーカイブ
パンフレット・発行物のご案内
  • 脱「三逆リーダー」

    藤田 英夫 (著) 発行:ダイヤモンド社 発売:ダイヤモンド社


  • 「個全システム」によるミーティング革新

    藤田 英夫 (著) 発行:ダイヤモンド社 発売:ダイヤモンド社


  • 不感症体質に挑む「人間力」全員経営

    藤田 英夫 (編) 発行:シンポジオン 発売:創英社/三省堂書店


  • 経営の創造

    藤田 英夫 (編) 発行:シンポジオン 発売:創英社/三省堂書店


  • 第3の組織論

    小林 茂 (著) 発行:シンポジオン 発売:創英社/三省堂書店


  • 人間力をフリーズさせているものの正体

    藤田 英夫 (著) 発行:シンポジオン 発売:創英社/三省堂書店


  • 人間力―そこにどう火を点けるか

    藤田 英夫 (著) NTT出版


  • 人を人として―指示待ち人間を目覚めさせるもの

    藤田 英夫 (著) PHP研究所


  • 「状況」が人を動かす―管理からリードへ

    藤田 英夫 (著) 毎日新聞社


ページの先頭へ

組織革新研究会について

組織革新研究会の5日間