参加リポート/現場から

変わっていく彼らに勇気をもらう

投票する

「いいな」と思われたら押してください。

福谷和也 49歳 マツダ 車両開発本部 NVH性能開発部 グループマネージャー 〔第497回/2016年7月会期「リーダー参加」〕

 3年前、全く畑の違う現部署に異動してきました。部署の課題は車の振動やノイズなど基本性能を基準値以下にするための技術開発です。開発とはいえ、クレームやお客様からの指摘を基にした製品の修正が中心となりがちで、目標達成は当りまえ、褒められることはほとんどありません。
 部下たちを見ていると、モチベーションが低く会話の端々に「どうせいくらやっても・・・」と、やらされ感でいっぱいなように私には映りました。リーダーたちは経験が長く、それが若手に影響していると感じた私は、彼らを別の開発領域に異動させました。
 その後、ベテランと若手に分けてウイークリーミーティングを行い、異動したリーダーたちが作っていた「我がグループの5年先の目指す姿」について疑問や意見を自由に討議させました。すると、ベテランチームが教科書通りの意見ばかりなのに対して、若手からは「エンジニアも商品アピールすべき」「お客様と直接お話しした方がいい」など、「対象」であるお客様に目を向けた発言が目立つのです。
 これを機に、若手を交えて年間の業務計画を作り直しました。部長への進捗報告も今では若手が行います。その姿は自ら作った計画に責任を持ち、自信に溢れているようにも見えます。
 現在、業務の「見える化」に着手しています。各自の行動計画を1時間単位で書き込み、毎朝チームごとに一覧。前日の計画の未達成状況を報告するのですが、責められるのではないかと、自分のやっていることを明らにしたがりません。それでも最近はメンバー同士でアドバイスや情報提供をするようになり、ベテランの困りごとにアイデアを出す場面も見られます。
 変わっていく彼らに、職場改革を続けなければと勇気をもらう毎日です。

脱・「三逆リーダー」
新着 記事・お知らせ
  • 2021.03.09        

    けんか腰で迫ったり、腹をわって話したり...

  • 2021.03.05        

    アドバイスを封印してみると

  • 2021.03.02        

    ネットで「個全システム」を

  • 2021.02.26        

    再三再四の突き返し努力

  • 2021.02.24        

    上っ面を撫でているだけなのか ...

  • 研究会へのお申込み
  • デイリーメール 登録・変更
  • 組革研スケデュール
  • 組革研アーカイブ
パンフレット・発行物のご案内
  • 脱「三逆リーダー」

    藤田 英夫 (著) 発行:ダイヤモンド社 発売:ダイヤモンド社


  • 「個全システム」によるミーティング革新

    藤田 英夫 (著) 発行:ダイヤモンド社 発売:ダイヤモンド社


  • 不感症体質に挑む「人間力」全員経営

    藤田 英夫 (編) 発行:シンポジオン 発売:創英社/三省堂書店


  • 経営の創造

    藤田 英夫 (編) 発行:シンポジオン 発売:創英社/三省堂書店


  • 第3の組織論

    小林 茂 (著) 発行:シンポジオン 発売:創英社/三省堂書店


  • 人間力をフリーズさせているものの正体

    藤田 英夫 (著) 発行:シンポジオン 発売:創英社/三省堂書店


  • 人間力―そこにどう火を点けるか

    藤田 英夫 (著) NTT出版


  • 人を人として―指示待ち人間を目覚めさせるもの

    藤田 英夫 (著) PHP研究所


  • 「状況」が人を動かす―管理からリードへ

    藤田 英夫 (著) 毎日新聞社


ページの先頭へ

組織革新研究会について

組織革新研究会の5日間