参加リポート/現場から

他人事にさせていた

投票する

「いいな」と思われたら押してください。

鈴木浩之38歳 旭化成ファーマ 名古屋医薬工場 品質保証課 主査 〔第515回/2018年10月会期参加〕  NO.1778

1504suzukiHP.jpg 2年前の「組革研」から戻って以来、私は部下への指示出し手出しを慎み、彼らが自分事として仕事に向き合えるよう心がけてきました。
 ところが先日、こんなことがありました。自分たちで考えて仕事に取り組めるようになってきたと思っていた部下が、品質試験での想定外と思われる値を持って、「このような結果が出ましたが、どうしましょうか」と相談に来たのです。数値はともかく、この事態に関して何も考えていないと思われ、「どうしましょうではないだろう」と返しました。しばらくして彼は「原因は○○と考えています」と、再度報告に来ました。理由を問うと、「Aさんに相談したら、そう言われたので…」と答える始末です。
 トラブルが発生した時には、「もっと自分で考えてほしい」と部下たちを指導していますが、彼らは「設備が悪い。仕事が多すぎる」と、自分とは無関係という意識で、いくら話してもすれ違うばかりです。
 しかし、自分を見つめ直して気付きました。私は、部下に考えさせよう、原因究明は担当者にやらせようとしながら、トラブルが発生すると現場に直行し、彼らを差し置き、自分が率先してトラブルの解決や予防策の方向性を決めていることが多かったことにです。「納期が迫っているので仕方がない」と自分を納得させていたのです。これが彼らの問題と向き合う機会を奪う原因だと思い至りました。
 彼らのことを他人事意識と決めつけていましたが、反省するべきなのは私の方でした。自分の行動を見つめ直さない限り、彼らは変わらない。この「デイリーメール」を書きながら反省しています。
 仕事の主役は部下たちであると肝に銘じて、これからも彼らと向き合っていきます。

脱・「三逆リーダー」
新着 記事・お知らせ
  • 2021.01.19        

    部下から「今のやり方じゃダメなのでは・・・」...

  • 2021.01.15        

    パソコン画面に「全ては自分事」...

  • 2021.01.12        

    コロナ下、今できることを全力で...

  • 2021.01.08        

    及び腰になりながらも

  • 2021.01.05        

    ついついがまんできずに

  • 研究会へのお申込み
  • デイリーメール 登録・変更
  • 組革研スケデュール
  • 組革研アーカイブ
パンフレット・発行物のご案内
  • 脱「三逆リーダー」

    藤田 英夫 (著) 発行:ダイヤモンド社 発売:ダイヤモンド社


  • 「個全システム」によるミーティング革新

    藤田 英夫 (著) 発行:ダイヤモンド社 発売:ダイヤモンド社


  • 不感症体質に挑む「人間力」全員経営

    藤田 英夫 (編) 発行:シンポジオン 発売:創英社/三省堂書店


  • 経営の創造

    藤田 英夫 (編) 発行:シンポジオン 発売:創英社/三省堂書店


  • 第3の組織論

    小林 茂 (著) 発行:シンポジオン 発売:創英社/三省堂書店


  • 人間力をフリーズさせているものの正体

    藤田 英夫 (著) 発行:シンポジオン 発売:創英社/三省堂書店


  • 人間力―そこにどう火を点けるか

    藤田 英夫 (著) NTT出版


  • 人を人として―指示待ち人間を目覚めさせるもの

    藤田 英夫 (著) PHP研究所


  • 「状況」が人を動かす―管理からリードへ

    藤田 英夫 (著) 毎日新聞社


ページの先頭へ

組織革新研究会について

組織革新研究会の5日間