参加リポート/現場から

それでも以前とは大違い

投票する

「いいな」と思われたら押してください。

植杉徹夫49歳 MHIパワーエンジニアリング タービン・ポンプ技術統括部 グループ長 〔第523回/2019年11月会期参加〕  NO.1777

 管理職になったばかりの私は、自分より年上のベテラン社員に囲まれるなか、和を重んじて、波風を立てないことが成果を出すための近道だと信じていました。
 私のグループにはいくつかのチームがあり、それぞれ工事の案件を請け負っています。納期を守らない部下には、上司の私がフォローしていました。
 工事の経費が嵩んでしばしば赤字を出すチームには黙認。彼らに何も言えず、グループトータルで黒字であれば良し、と自分に言い聞かせ、表面上は難なく過ごしていました。
 ところが、「組革研」のレクチャーで、キャンパスリーダーの「納期を守らないのは自分事になっていないから、上司が部下に向き合っていない…」との厳しい言葉に、はっとしました。それは、年上の部下たちから逃げていた私の姿そのものでした。
 職場に戻り早速部下に、納期遅れが発生しそうなときは、当事者が後工程へ行って作業の調整をすることとしました。それが定着してくると、納期どおりに工程がすすむようになりました。
 赤字工事にはこれまで無かった顛末書を書かせ、工程や予算管理の杜撰さを厳しく指摘しました。すると、「なんでそんなことを…」といった不満の声が出てきて、不安がよぎりました。それでも事前に工事内容を相談に来るようになり、赤字工事は激減したのです。
 赤字の結果報告だけを持ってきた以前とは大違いになりました。工事予算が少なくて厳しい案件も任せられるようになってきました。
 これからが自分との闘いの正念場だと思っています。部下が常に自分事となるよう、部下とのかかわり方を考えていかねばならないと決意しています。

脱・「三逆リーダー」
新着 記事・お知らせ
  • 2021.01.19        

    部下から「今のやり方じゃダメなのでは・・・」...

  • 2021.01.15        

    パソコン画面に「全ては自分事」...

  • 2021.01.12        

    コロナ下、今できることを全力で...

  • 2021.01.08        

    及び腰になりながらも

  • 2021.01.05        

    ついついがまんできずに

  • 研究会へのお申込み
  • デイリーメール 登録・変更
  • 組革研スケデュール
  • 組革研アーカイブ
パンフレット・発行物のご案内
  • 脱「三逆リーダー」

    藤田 英夫 (著) 発行:ダイヤモンド社 発売:ダイヤモンド社


  • 「個全システム」によるミーティング革新

    藤田 英夫 (著) 発行:ダイヤモンド社 発売:ダイヤモンド社


  • 不感症体質に挑む「人間力」全員経営

    藤田 英夫 (編) 発行:シンポジオン 発売:創英社/三省堂書店


  • 経営の創造

    藤田 英夫 (編) 発行:シンポジオン 発売:創英社/三省堂書店


  • 第3の組織論

    小林 茂 (著) 発行:シンポジオン 発売:創英社/三省堂書店


  • 人間力をフリーズさせているものの正体

    藤田 英夫 (著) 発行:シンポジオン 発売:創英社/三省堂書店


  • 人間力―そこにどう火を点けるか

    藤田 英夫 (著) NTT出版


  • 人を人として―指示待ち人間を目覚めさせるもの

    藤田 英夫 (著) PHP研究所


  • 「状況」が人を動かす―管理からリードへ

    藤田 英夫 (著) 毎日新聞社


ページの先頭へ

組織革新研究会について

組織革新研究会の5日間