参加リポート/現場から

間違っていなかった

投票する

「いいな」と思われたら押してください。

木村誠司 45歳 芝浦機械 工作機械製造部 第一製造課 参事 〔第504回/2017年6月会期参加〕  NO.1761

 前回のデイリーメールで、困ったときに自分たちで考えて、動き出すメンバーが現れてきたことをご報告しました。できない理由を安易に言いに来られないよう、現場から離れた事務所に私の仕事場を移し、私から口出ししないようにしたことが功を奏したかのようです。
 しかし、気がついてみれば以前の状況に逆戻り。納期が遅れても「すいません」、間に合わなければ残業すればよい、仕方ないと済ませる風潮は簡単には変わりませんでした。
 工程別の納期遅れは、手順や部品の確認など作業前に準備をしておけば防げることばかり。やれることをやっていない以上許すわけにはいかない、私が踏ん張るところだと、朝礼・終礼で時間をかけて進捗確認をすることにしたのです。
 私は、その場での言い訳を許さず、「なぜできないのか?」と問いかけました。「できません」で通っていたことが「ダメだ」と言われ、強い反発の現れか、メンバーと激しいやり合いになることもしばしばでした。
 衝突を繰り返すうちに、変わってきたメンバーがいました。言われたことしかやらなかった若手が、作業前の準備をするようになり、納期ギリギリに「できません」と言ってくることがなくなったのです。トラブルが起きても、修正方法や代替え部品を探してくるなど、どうすべきか自分で考えてから相談に来るようになりました。その変化に驚きとともに、続けてきたことが間違っていなかったと喜びを感じています。
 作業が遅れる原因は、メンバーの能力や作業量のせいではなく、「仕方ない」で済ませてしまう私にあったのです。根付いた職場の風土は一朝一夕で変わりませんが、諦めずに取り組んでいきます。

脱・「三逆リーダー」
新着 記事・お知らせ
  • 2020.10.27        

    「まだまだ減らせるぞ」

  • 2020.10.23        

    指示出し魔に戻っていた

  • 2020.10.20        

    「苦手」が「興味」に

  • 2020.10.16        

    お客様にとってどうかを「評価基準」に...

  • 2020.10.13        

    残業0でどうやるか

  • 研究会へのお申込み
  • デイリーメール 登録・変更
  • 組革研スケデュール
  • 組革研アーカイブ
パンフレット・発行物のご案内
  • 脱「三逆リーダー」

    藤田 英夫 (著) 発行:ダイヤモンド社 発売:ダイヤモンド社


  • 「個全システム」によるミーティング革新

    藤田 英夫 (著) 発行:ダイヤモンド社 発売:ダイヤモンド社


  • 不感症体質に挑む「人間力」全員経営

    藤田 英夫 (編) 発行:シンポジオン 発売:創英社/三省堂書店


  • 経営の創造

    藤田 英夫 (編) 発行:シンポジオン 発売:創英社/三省堂書店


  • 第3の組織論

    小林 茂 (著) 発行:シンポジオン 発売:創英社/三省堂書店


  • 人間力をフリーズさせているものの正体

    藤田 英夫 (著) 発行:シンポジオン 発売:創英社/三省堂書店


  • 人間力―そこにどう火を点けるか

    藤田 英夫 (著) NTT出版


  • 人を人として―指示待ち人間を目覚めさせるもの

    藤田 英夫 (著) PHP研究所


  • 「状況」が人を動かす―管理からリードへ

    藤田 英夫 (著) 毎日新聞社


ページの先頭へ

組織革新研究会について

組織革新研究会の5日間