参加リポート/現場から

危険箇所を「絵」で書き出させると……

投票する

「いいな」と思われたら押してください。

黒木康典 46歳 住友ゴム工業 宮崎工場 製造二課 上級監督職 〔第518回/2019年5月会期参加〕  NO.1757

 「組革研」に参加する前と後では、考えが真逆になりました。
 安全担当責任者として、安全基準は熟知している、私の考えた方法は正しいと思い込み、その通り部下に実行させていました。
 しかし「S-20」の「対象」の仕組みを捉える動きを通して、大変なことに気付きました。私が細ごま指示していたのでは、部下にとってはただこなすだけのそれにしかならない、とわかったのです。
 職場に戻り早速、「組革研」流に製造ラインの問題箇所洗い出しと、それがどうできているのかを調べさせることにしました。部下となっているのは、各職場から選ばれた40人の安全推進委員。彼らを10人一チームに分けて、製造ラインの途中にゴールを定め、まずは個で、できる限り多く危険箇所を「絵」で書き出すことから始めました。
 壁一面にみんなが書いた「絵」を「一覧一望」して議論させました。部下は、危険箇所が思いがけず多いことにおどろいた様子。その後、工場の安全基準を基に危険箇所がどうなっているか調べさせていくと、私も含めて、これまでわかったつもりでいた「基準」に曖昧な点が多いことに気付かされたのです。
 これまで部下が行う「安全パトロール」の報告書には「柱に傷があった。〇〇台車がぶつかったと思われる」などと、曖昧なものばかりだったのです。危険箇所をただ見ているだけでよしとしていたわけです。
 この活動後は、絵が多くなってわかりやすくなり、さらに、傷の高さを実測して、そこに当たりそうな器具を洗い出すなど、対策を考えるようにもなりました。まだ一部にとどまっています。これからも、部下が自分事として向き合えるように、「対象」をとらえる活動を継続していきます。

脱・「三逆リーダー」
新着 記事・お知らせ
  • 2020.09.29        

    「変な上司がきたなぁ」

  • 2020.09.25        

    やり切った体験が…

  • 2020.09.23        

    「あれどうなった?」

  • 2020.09.18        

    間違っていなかった

  • 2020.09.15        

    新人の頃のがむしゃらさを再び…...

  • 研究会へのお申込み
  • デイリーメール 登録・変更
  • 組革研スケデュール
  • 組革研アーカイブ
パンフレット・発行物のご案内
  • 脱「三逆リーダー」

    藤田 英夫 (著) 発行:ダイヤモンド社 発売:ダイヤモンド社


  • 「個全システム」によるミーティング革新

    藤田 英夫 (著) 発行:ダイヤモンド社 発売:ダイヤモンド社


  • 不感症体質に挑む「人間力」全員経営

    藤田 英夫 (編) 発行:シンポジオン 発売:創英社/三省堂書店


  • 経営の創造

    藤田 英夫 (編) 発行:シンポジオン 発売:創英社/三省堂書店


  • 第3の組織論

    小林 茂 (著) 発行:シンポジオン 発売:創英社/三省堂書店


  • 人間力をフリーズさせているものの正体

    藤田 英夫 (著) 発行:シンポジオン 発売:創英社/三省堂書店


  • 人間力―そこにどう火を点けるか

    藤田 英夫 (著) NTT出版


  • 人を人として―指示待ち人間を目覚めさせるもの

    藤田 英夫 (著) PHP研究所


  • 「状況」が人を動かす―管理からリードへ

    藤田 英夫 (著) 毎日新聞社


ページの先頭へ

組織革新研究会について

組織革新研究会の5日間