参加リポート/現場から

自分の枠を超えて

投票する

「いいな」と思われたら押してください。

田代倫義 43歳 東北アンリツ 生産技術部 課長補佐 〔第523回/2019年11月会期参加〕  NO.1725

 「組革研」を終えた今、これまでの自分をふり返ってみると、仕事の内容や周囲の環境などから、無意識のうちに自分の立ち位置には枠があると決めつけていました。できる範囲でやる、自分自身に線引きをしていたのです。
 「組革研」での体験は、自分という「対象」を見つめ直す良いきっかけとなりました。
 「S-20」では、さまざまな企業、異なる職種、いろいろな人が1つのチームとなり1番を目指しました。普段とは違う「S-20」という仕事において、何ができるのか? 手探りの状態から始まりました。
 下期を終え、チーム業績はトップになりましたが、個人としては不本意な結果でした。そのとき感じたのは喜びよりも自分自身に対する憤り。「対象」を明らかにすることに全力を尽くしたつもりでしたが、ふり返ってみると、本当にやり切れたのだろうか? もっと他のメンバーと向き合い、ぶつかり合っていれば、メンバー全員がゴールできることも可能だったのではないか? そう思えたのです。どこかで、「これ以上する必要は無いし、できない」と線を引いていたことに気がつきました。
 職場で私は生産技術を担当しています。製造から開発、資材、マーケティングなどさまざまな部門とのつながりがあります。仕事の内容も幅が広く、臨機応変な対応が必要です。今までは、自分にできることであっても、製造の仕事だから、開発の仕事だから、と線引きをしていました。
 今、それをやめました。自ら主体的に動き、自分が決めていた枠を超え、何でもやれることはやるようにしました。そして困難な課題や問題であったとしても、実現、解決のために、けっして諦めず、自分に何ができるのか? 常に自問自答し、やれることを増やしていきます。

脱・「三逆リーダー」
新着 記事・お知らせ
  • 2020.11.27        

    自分がやっていては部下のためにならない...

  • 2020.11.24        

    他人事で済まない空気に…

  • 2020.11.20        

    あきらめに近いものを感じながら、でも……...

  • 2020.11.17        

    他人事にさせていた

  • 2020.11.13        

    それでも以前とは大違い

  • 研究会へのお申込み
  • デイリーメール 登録・変更
  • 組革研スケデュール
  • 組革研アーカイブ
パンフレット・発行物のご案内
  • 脱「三逆リーダー」

    藤田 英夫 (著) 発行:ダイヤモンド社 発売:ダイヤモンド社


  • 「個全システム」によるミーティング革新

    藤田 英夫 (著) 発行:ダイヤモンド社 発売:ダイヤモンド社


  • 不感症体質に挑む「人間力」全員経営

    藤田 英夫 (編) 発行:シンポジオン 発売:創英社/三省堂書店


  • 経営の創造

    藤田 英夫 (編) 発行:シンポジオン 発売:創英社/三省堂書店


  • 第3の組織論

    小林 茂 (著) 発行:シンポジオン 発売:創英社/三省堂書店


  • 人間力をフリーズさせているものの正体

    藤田 英夫 (著) 発行:シンポジオン 発売:創英社/三省堂書店


  • 人間力―そこにどう火を点けるか

    藤田 英夫 (著) NTT出版


  • 人を人として―指示待ち人間を目覚めさせるもの

    藤田 英夫 (著) PHP研究所


  • 「状況」が人を動かす―管理からリードへ

    藤田 英夫 (著) 毎日新聞社


ページの先頭へ

組織革新研究会について

組織革新研究会の5日間