参加リポート/現場から

提案をしないまま自分から退くことはしない
――常に全力を出し切る自分でありたい(後編/全2回)――

投票する

「いいな」と思われたら押してください。

宇和紘志 28歳 横浜ゴム タイヤ生産技術部 〔第509回/2018年2月会期「新入社員参加」〕  NO.1700

 「組革研」をふり返ったとき、今も忘れられない出来事がありました。
 負けず嫌いの私は、下期「S-20」でのトップゴールを目指してスタートしました。ところが私たちの前に、必ず現れたペアがいたのです。二人とも年齢は一回りも二回りも上、職場での役職も相当に高そうな方がたです。
 いつも走り回っているので、迷いながらであることは間違いありません。でも必ず先にいる。その凄まじい形相を見てぎょっとさせられました。まさに血眼。職場でさまざまな修羅場をくぐり抜けてきた大先輩が、なりふり構わず全力で取り組んでいるのです。衝撃を受けました。
 職場でタイヤ製造の歩留まり向上に取り組んでいる私が最も大事にしているのは、仕事を自分の問題にして全力で取り組むことです。
 製造に至るまえも製造過程でも、いろいろな部や工程が関わっています。それぞれが全力で取り組まなければいいものは絶対にできない。だから自分も手を抜かない。お二人から教わったことです。
 大型工事では、必ず現場を前もって見に行き、例えば足場をこう組み直したらもっと動きやすいのでは、こうすればさらに時間を短縮できるし精度も上がるのではと、どんどん提案するようにしています。
 製造は月ごとの供給責任を果たさなければいけません。しかし、歩留まり向上を目指すために、一時的に生産を落とすことになってもやらなければいけないことがあります。そのせめぎ合いの途中で、また来たのかという顔をされることもあります。でも目指す目標は違わないはず、言わなければいけない提案をしないまま自分から退くことは絶対にしません。
 いくつになってもどんなに経験を重ねても、あのお二人のように常に全力を出し切る自分でありたいと思っています。

脱・「三逆リーダー」
新着 記事・お知らせ
  • 2020.03.31        

    自分の枠を超えて

  • 2020.03.30        

    「対象」に貢献するため変え続ける...

  • 2020.03.27        

    任せたら気になってしかたがない...

  • 2020.03.26        

    「個全システム」の凄さを実感している...

  • 2020.03.25        

    手順よりも、自分事として受け止めたかが大事
    ――部下の力を信じる・後編(...

  • 研究会へのお申込み
  • デイリーメール 登録・変更
  • 組革研スケデュール
  • 組革研アーカイブ
パンフレット・発行物のご案内
  • 脱「三逆リーダー」

    藤田 英夫 (著) 発行:ダイヤモンド社 発売:ダイヤモンド社


  • 「個全システム」によるミーティング革新

    藤田 英夫 (著) 発行:ダイヤモンド社 発売:ダイヤモンド社


  • 不感症体質に挑む「人間力」全員経営

    藤田 英夫 (編) 発行:シンポジオン 発売:創英社/三省堂書店


  • 経営の創造

    藤田 英夫 (編) 発行:シンポジオン 発売:創英社/三省堂書店


  • 第3の組織論

    小林 茂 (著) 発行:シンポジオン 発売:創英社/三省堂書店


  • 人間力をフリーズさせているものの正体

    藤田 英夫 (著) 発行:シンポジオン 発売:創英社/三省堂書店


  • 人間力―そこにどう火を点けるか

    藤田 英夫 (著) NTT出版


  • 人を人として―指示待ち人間を目覚めさせるもの

    藤田 英夫 (著) PHP研究所


  • 「状況」が人を動かす―管理からリードへ

    藤田 英夫 (著) 毎日新聞社


ページの先頭へ

組織革新研究会について

組織革新研究会の5日間