参加リポート/現場から

「状況が人を動かす」を目の当たりにした

投票する

「いいな」と思われたら押してください。

野田康東42歳 スギノマシン 生産統括部 JM生産部 電装設計課 課長〔第518回/2019年5月会期参加〕

 「組革研」から戻る新幹線の車中、社外とのトラブルが不在期間中にあったと上司から聞きました。さぞかし部下たちは迷い、対応も遅れて困っているにちがいない。そう思って尋ねてみると、次の言葉に耳を疑いました。彼らだけでしっかりと対応できていたというのです。
 職場に戻ってすぐ、部下たちから直接その時の状況を聞きました。即断を迫られる事態が次つぎと起きたにもかかわらず、彼らは自発的にきちんと対応していました。ふり返りながら、自分で判断したことで仕事のスピード感が上がったという者もいれば、もっと早く判断しておけば良かったと反省する者までいました。驚かされました。「組革研」で聞いたばかりの「状況が人を動かす」を目の当たりにした瞬間でした。
 私たちにとって貴重な体験です。この体験から気づいたことを1人10件以上、その場ですぐに書いてもらい、それを全員で、私がいなくてもできたこと、いなくて困ったことに分類していきました。
 できた業務は「今後はあなたの仕事」と言って担当者に割り振りました。今までは多少の躊躇いがありましたが、実際にできたことです。文句も言わずに彼らは引き受け、その場で役割分担の変更ができてしまいました。
 困ったことでも、知識不足は書類や手順書をみんなの見えるところに置いて調べれば済むと彼らもわかっています。置き場所を変更し、自分たちで対応できるようにしました。
 「組革研」に参加して私だけが学べたと思っていたのは勘違いでした。私が不在の一週間で部下たちもひと回り大きく成長していたのです。以前から部下に考えさせることを意識していましたが、それが間違いのないことだと確証が持てました。自信を持ってこれをすすめていきます。

脱・「三逆リーダー」
新着 記事・お知らせ
  • 2020.02.27        

    わからなければ部下に教わればいいんだ
    ――やり切らせるのがリーダーの仕事...

  • 2020.02.26        

    遅れを許さない

  • 2020.02.25        

    思わず過去の自分が出てきてしまう...

  • 2020.02.21        

    提案をしないまま自分から退くことはしない
    ――常に全力を出し切る自分であ...

  • 2020.02.20        

    本当の「3現」がわかった
    ――常に全力を出し切る自分でありたい(前編/全...

  • 研究会へのお申込み
  • デイリーメール 登録・変更
  • 組革研スケデュール
  • 組革研アーカイブ
パンフレット・発行物のご案内
  • 脱「三逆リーダー」

    藤田 英夫 (著) 発行:ダイヤモンド社 発売:ダイヤモンド社


  • 「個全システム」によるミーティング革新

    藤田 英夫 (著) 発行:ダイヤモンド社 発売:ダイヤモンド社


  • 不感症体質に挑む「人間力」全員経営

    藤田 英夫 (編) 発行:シンポジオン 発売:創英社/三省堂書店


  • 経営の創造

    藤田 英夫 (編) 発行:シンポジオン 発売:創英社/三省堂書店


  • 第3の組織論

    小林 茂 (著) 発行:シンポジオン 発売:創英社/三省堂書店


  • 人間力をフリーズさせているものの正体

    藤田 英夫 (著) 発行:シンポジオン 発売:創英社/三省堂書店


  • 人間力―そこにどう火を点けるか

    藤田 英夫 (著) NTT出版


  • 人を人として―指示待ち人間を目覚めさせるもの

    藤田 英夫 (著) PHP研究所


  • 「状況」が人を動かす―管理からリードへ

    藤田 英夫 (著) 毎日新聞社


ページの先頭へ

組織革新研究会について

組織革新研究会の5日間