参加リポート/現場から

「生々しく、ありありと」
――仕事が楽しくてしかたない!(中編/3回連載)

投票する

「いいな」と思われたら押してください。

國森照明27歳 横浜ゴム タイヤ生産技術部〔第502回/2017年4月会期「新入社員参加」〕

 タイヤをつくるためのさまざまな生産機械や設備を設計したり、既存の機械を改善する部署に所属している私が、入社3年目の昨年任されたのは、かなり大きな機械を設計・製作し、工場に設置して、その立ち上げを行うという案件でした。
 これまでに任された中で最も大きな案件です。「全部お前に任せた」と上司から言われたときは、不安より、任せられたという喜びのほうが大きく勝っていました。ただ、いざ仕事に着手してみると、そう簡単にはことが運ばないとすぐ気づかされたのです。そこからは苦闘の日々でした。「仕事は自分に都合よくできていない」と、「組革研」の「新入社員参加」で聞いた言葉がまざまざと蘇ってきました。
 その5日間の体験は私に強いインパクトを残しました。と言っても、そこで得られた学びや気づきを、日々の仕事の中で、絶えず意識できているわけではありません。
 なかでも意識できていないと痛感させられているのが、「対象の事実を生々しく、ありありと捉える」です。「組革研」では、「対象」をきちんと捉えないうちに対応を考えてしまうことを何度も指摘されましたが、「対象」という二文字よりも、私にとっては、「生々しく、ありありと」のほうがなぜかより強く印象に残っていました。
 しかし不思議なことに、仕事でうまくいかなくて困ったときに、ふとフラッシュバックのように蘇ってくることがあるのです。頭の中に仕舞われていた言葉が、突然引き出されて目の前に現れてくる、といった感覚です。
 今回、設計図面を前にうんうん唸っていたときも、フラッシュバックは起きました。(明日に続く)

脱・「三逆リーダー」
新着 記事・お知らせ
  • 2020.07.10        

    やっと少し変わってきた
    ――今度こそやり抜く(後編)...

  • 2020.07.07        

    自分の弱さと職場で向き合う
    ――今度こそやり抜く(前編)...

  • 2020.07.04        

    満足して終わる日はなくなった...

  • 2020.06.30        

    トライ&エラーをくり返していく...

  • 2020.06.26        

    危機感の無さと闘っていく

  • 研究会へのお申込み
  • デイリーメール 登録・変更
  • 組革研スケデュール
  • 組革研アーカイブ
パンフレット・発行物のご案内
  • 脱「三逆リーダー」

    藤田 英夫 (著) 発行:ダイヤモンド社 発売:ダイヤモンド社


  • 「個全システム」によるミーティング革新

    藤田 英夫 (著) 発行:ダイヤモンド社 発売:ダイヤモンド社


  • 不感症体質に挑む「人間力」全員経営

    藤田 英夫 (編) 発行:シンポジオン 発売:創英社/三省堂書店


  • 経営の創造

    藤田 英夫 (編) 発行:シンポジオン 発売:創英社/三省堂書店


  • 第3の組織論

    小林 茂 (著) 発行:シンポジオン 発売:創英社/三省堂書店


  • 人間力をフリーズさせているものの正体

    藤田 英夫 (著) 発行:シンポジオン 発売:創英社/三省堂書店


  • 人間力―そこにどう火を点けるか

    藤田 英夫 (著) NTT出版


  • 人を人として―指示待ち人間を目覚めさせるもの

    藤田 英夫 (著) PHP研究所


  • 「状況」が人を動かす―管理からリードへ

    藤田 英夫 (著) 毎日新聞社


ページの先頭へ

組織革新研究会について

組織革新研究会の5日間