参加リポート/現場から

リーダーの役割がわかった!

投票する

「いいな」と思われたら押してください。

遠藤淳介45歳 加地テック 営業部 次長 兼営業課 課長 〔第522回/2019年10月会期参加〕

 私はいわゆる「声の大きい」人間で、私を含めた数人の声しか聞こえないまま社内会議が終わることがありました。中にはひと言も発しなかった人もいます。
 しかし本当にそれでいいのかとモヤモヤすることもありましたが、自分が会議を引っ張っているのだから、何も言わない人、すぐに自分の考えを引っ込めてしまう人のことなど気にすることはないと思っていたのも事実です。「組革研」も自分の能力を高めるための研修だと思っていました。
 ところが、「S-20」の仕組みを解明するために「個全システム」で議論をくり返すうちに私の考えがひとりよがりだったことがわかりました。
 私自身が全力投球するのは当然ですが、その上で、チーム全員がその力を発揮しなければ組織の目標は実現できない、それをさせるのがリーダーである私の役割だということに気がついたのです。
 「組革研」から戻ると、会社が決めた「職場改善活動」がはじまりました。期間は8週間、取り組む課題も自分たちで決めてすすめていく活動です。
 全て部下たちだけでやりきることが重要と考え、改善策は実際の仕事のやりかたとして定着する内容にして欲しい、決裁が必要になることだけは早めに言って欲しいとだけ伝え、あとは部下たちに任せました。
 会社からは活動が滞らないよう見ておくように言われていましたが、取り組みのスケジュールは滞ることもなく、進捗については毎週きちんと報告してくれます。それを聞くたびに、みんなちゃんと考えているのに、今までは自分がそれを潰していたということを実感しています。
 しかし、取り組み内容自体には良いものもありますが、うまくいかないだろうなと思うものもあります。口出しをしたくてしかたがありません。

脱・「三逆リーダー」
新着 記事・お知らせ
  • 2021.05.07        

    やっと部下は変わってくれたのか...

  • 2021.04.30        

    「わからないこと」リストアップの御利益(ごりやく)...

  • 2021.04.27        

    知らないことの”強味”が
    ――あなたたちがやるしかないんだ、と腹を括る。...

  • 2021.04.23        

    任せるという名の丸投げで失敗
    ――あなたたちがやるしかないんだ、と腹を括...

  • 2021.04.20        

    業務はできるけど、自分では動けないの?...

  • 研究会へのお申込み
  • デイリーメール 登録・変更
  • 組革研スケデュール
  • 組革研アーカイブ
パンフレット・発行物のご案内
  • 脱「三逆リーダー」

    藤田 英夫 (著) 発行:ダイヤモンド社 発売:ダイヤモンド社


  • 「個全システム」によるミーティング革新

    藤田 英夫 (著) 発行:ダイヤモンド社 発売:ダイヤモンド社


  • 不感症体質に挑む「人間力」全員経営

    藤田 英夫 (編) 発行:シンポジオン 発売:創英社/三省堂書店


  • 経営の創造

    藤田 英夫 (編) 発行:シンポジオン 発売:創英社/三省堂書店


  • 第3の組織論

    小林 茂 (著) 発行:シンポジオン 発売:創英社/三省堂書店


  • 人間力をフリーズさせているものの正体

    藤田 英夫 (著) 発行:シンポジオン 発売:創英社/三省堂書店


  • 人間力―そこにどう火を点けるか

    藤田 英夫 (著) NTT出版


  • 人を人として―指示待ち人間を目覚めさせるもの

    藤田 英夫 (著) PHP研究所


  • 「状況」が人を動かす―管理からリードへ

    藤田 英夫 (著) 毎日新聞社


ページの先頭へ

組織革新研究会について

組織革新研究会の5日間