参加リポート/現場から

仕事のプロセスを見直し、もっと「対象」に近づく

投票する

「いいな」と思われたら押してください。

浜辺浩典47歳 マツダE&T 商品ビジネス革新部 商品企画・推進グループ 主任  〔第520回/2019年7月会期参加〕  NO.1627

 「組革研」開始直後の方針説明で、「対象」と「対応」が違うこと、そしてまず「対象」がどうなっているかを解明したうえで、「対応」を考えると聞きました。理にかなっている、まさにそのとおりだと納得し、そのようにすすめていこうと安易に考えていました。
 ところが、いざ仕事モデル「S-20」の仕組み解明への取り組みがはじまると、そう簡単にはいきません。
「S-20」がどうできているかを調査しなければならないのに、気がつくと上期にゴールできなかった理由を考え、「対応」のことばかり考えて現場を歩きまわっている自分がいるのです。そして、それではなにも発見することはできません。「対象」の大切さとそれに迫る難しさを実感しました。
 私はカスタマイズビジネスを担当しています。お客様のニーズにこたえた特装車を企画する仕事です。
 今までは課題は上からおりてくるもの、それをうまくやるのが仕事だという考えがあり、自分もそれを求めていました。しかしこれではものごとは前にすすみません。これからは、自分たち自身がお客様に対してどうしていくかを考え、課題を設定していかなければいけないのです。
そのためには、私たち自身がもっと「対象」について知らないといけません。ところが、自動車メーカーとのやり取りはあるものの、エンドユーザーとの接点はできていないのが現状です。直接話を聞く機会が乏しく、潜在的な価値に気づかないままになっているかもしれません。
 お客様が求めているものを体系的に落とし込んでいけるように、企画をつくるプロセスの見直しをはじめました。もっと「対象」に近づき、本当にお客様が求めているものを考えていきます。

脱・「三逆リーダー」
新着 記事・お知らせ
  • 2019.11.19        

    自分の妥協が部下の満足体験を奪う...

  • 2019.11.18        

    わかっていても部下に仕事を任せきれない...

  • 2019.11.15        

    自分が仕事をしていると実感できる...

  • 2019.11.14        

    自分の未来を変えていく

  • 2019.11.13        

    関係部署の達成感を奪っていた...

  • 研究会へのお申込み
  • デイリーメール 登録・変更
  • 組革研スケデュール
  • 組革研アーカイブ
パンフレット・発行物のご案内
  • 脱「三逆リーダー」

    藤田 英夫 (著) 発行:ダイヤモンド社 発売:ダイヤモンド社


  • 「個全システム」によるミーティング革新

    藤田 英夫 (著) 発行:ダイヤモンド社 発売:ダイヤモンド社


  • 不感症体質に挑む「人間力」全員経営

    藤田 英夫 (編) 発行:シンポジオン 発売:創英社/三省堂書店


  • 経営の創造

    藤田 英夫 (編) 発行:シンポジオン 発売:創英社/三省堂書店


  • 第3の組織論

    小林 茂 (著) 発行:シンポジオン 発売:創英社/三省堂書店


  • 人間力をフリーズさせているものの正体

    藤田 英夫 (著) 発行:シンポジオン 発売:創英社/三省堂書店


  • 人間力―そこにどう火を点けるか

    藤田 英夫 (著) NTT出版


  • 人を人として―指示待ち人間を目覚めさせるもの

    藤田 英夫 (著) PHP研究所


  • 「状況」が人を動かす―管理からリードへ

    藤田 英夫 (著) 毎日新聞社


ページの先頭へ

組織革新研究会について

組織革新研究会の5日間