参加リポート/現場から

紙に書かせたことで、動きが変わってきた

投票する

「いいな」と思われたら押してください。

中川昌幸 47歳 加地テック 生産部 製造課 課長  〔第519回/2019年6月会期参加〕  NO.1614

 組革研で、仕事モデルS-20の仕組みの解明に取り組みました。一人ひとりが現場調査を行い、その結果を貼りだし、「一覧一望」してから議論する。これをくり返していくうちに、仕組みらしきものがわかってきました。
 貼られた調査結果を見ている時に、ふと思い出しました。私には、休みの日などにボーっとしている時、職場で抱えている課題に関することが頭の中にパラパラと浮かんでくることがあります。頭の中で「一覧一望」をしているようです。そして、仕事がうまくいく時には、これが多いのです。
 このことを考えていて、思いつきました。頭に浮かんでくるのはいつになるかわからないけれど、組革研でやったように、事実と思われるものを紙に書いて、それをしっかりと見ながら仕事をすすめれば、確実に仕事をすすめることができるのではないか、と。
 私の職場は最終組み立て工程です。2人の班長のうち1人は納期ばかりを優先し、人手や時間の指標である工数を気にせず、時に過剰な人手をかけて仕事をすすめることもあります。いくら指導しても直りません。
 彼に個別作業ごとの工数実績を日々書かせることにしました。最初に全体の設定工数を私が書き、彼はこれを見ながら実績を記録していきます。時々「どうなってますか」と問いかけはしますが、特に指示はしません。
 そのうち、彼が不具合や、手戻り仕事を赤字で記入するようになりました。そして、それまでなら5人くらいかけていた仕事に3人しか割り振らないこともでてきました。毎日行っていることの実績を書かせ、向き合わせ続けることで、いくら言っても変わらなかった彼の行動が変化してきたのです。
 紙に書かせることが、私が何度も言うこともより有効でした。今後は、他の班長や班長候補にもやらせてみようと思っています。

脱・「三逆リーダー」
新着 記事・お知らせ
  • 2020.07.10        

    やっと少し変わってきた
    ――今度こそやり抜く(後編)...

  • 2020.07.07        

    自分の弱さと職場で向き合う
    ――今度こそやり抜く(前編)...

  • 2020.07.04        

    満足して終わる日はなくなった...

  • 2020.06.30        

    トライ&エラーをくり返していく...

  • 2020.06.26        

    危機感の無さと闘っていく

  • 研究会へのお申込み
  • デイリーメール 登録・変更
  • 組革研スケデュール
  • 組革研アーカイブ
パンフレット・発行物のご案内
  • 脱「三逆リーダー」

    藤田 英夫 (著) 発行:ダイヤモンド社 発売:ダイヤモンド社


  • 「個全システム」によるミーティング革新

    藤田 英夫 (著) 発行:ダイヤモンド社 発売:ダイヤモンド社


  • 不感症体質に挑む「人間力」全員経営

    藤田 英夫 (編) 発行:シンポジオン 発売:創英社/三省堂書店


  • 経営の創造

    藤田 英夫 (編) 発行:シンポジオン 発売:創英社/三省堂書店


  • 第3の組織論

    小林 茂 (著) 発行:シンポジオン 発売:創英社/三省堂書店


  • 人間力をフリーズさせているものの正体

    藤田 英夫 (著) 発行:シンポジオン 発売:創英社/三省堂書店


  • 人間力―そこにどう火を点けるか

    藤田 英夫 (著) NTT出版


  • 人を人として―指示待ち人間を目覚めさせるもの

    藤田 英夫 (著) PHP研究所


  • 「状況」が人を動かす―管理からリードへ

    藤田 英夫 (著) 毎日新聞社


ページの先頭へ

組織革新研究会について

組織革新研究会の5日間